ONKYO  サイトマップ

06/28/2007
 
オンキヨー株式会社



<カスタムインストール市場へ向けHDMI ver.1.3a&ロスレス圧縮音声対応AVコントロールアンプ登場>

コンポジット映像信号もHDMI端子から解像度1080pで出力可能、
HQV Reon-VXも採用したIntegraシリーズのAVコントロールアンプ誕生。




最新のインターフェイス「HDMI ver.1.3a」や次世代ロスレス圧縮音声フォーマットに対応
クラス最高レベルのHQVビデオプロセッサーを採用したアップスケーリング&アップコンバート機能を搭載
映画制作者の意図するサウンドを家庭で再現するための規格「THX Ultra2」に準拠

 オンキヨー株式会社は7月20日より、日本国内で拡大するカスタムインストール市場に向けて「Integra」シリーズの新製品、AVコントロールアンプ「DTC-9.8」を発売いたします。家庭などに映画館のようなエンターテイメント空間をお客様のご要望に応じてカスタマイズするカスタムインストールの市場は日本でも拡がりを見せています。
●品番DTC-9.8
●品名AVコントロールアンプ
●予定発売日7月20日
●予定希望小売価格\231,000 (税抜\220,000)
 一方、ホームシアター市場は次世代光ディスクのBlu-ray DiscやHD DVDの登場で、音声面ではスタジオマスターの高品質に迫る音声の再現を目指したDolby TrueHDやDTS-HD Master Audioなどのロスレス圧縮技術が開発され、映像面ではフルスペックハイビジョンの記録や階調度の高いDeep Colorの伝送が可能となるなど、よりHDな世界が開けようとしています。
 DTC-9.8はAVコントロールアンプとして、こうした新しい流れに対応する最新のデコーダーやデジタル伝送規格HDMI ver.1.3aを搭載しました。一方、音質面ではオンキヨーがピュアオーディオで培った「VLSC」などの技術とノウハウを投入。画質面ではコンポジットなどの映像入力信号もHDMI端子から1080pにアップコンバートとアップスケーリングして出力する機能を搭載しました。また、その画像処理もクラス最高レベルのデバイス「HQV Reon-VX」を使用しています。また、HDMI出力を2端子設けて、プラズマ/液晶テレビとプロジェクターに切換えて出力したり、XLRバランス出力も用意するなど使い勝手にも配慮しました。

本製品は、お客様のご自宅にカスタマイズ仕様で提供するカスタムインストール専用製品となり、Integra特約店を中心にお取扱いしております。
Integra特約店の詳細はこちら >>> http://www.jp.onkyo.com/integra/partners/



最新のロスレス圧縮音声など全デジタル音声フォーマットに対応したデコーダーを搭載
Blu-ray DiscやHD DVDといった次世代光ディスクメディアのために開発された最新のロスレス圧縮音声フォーマットのDolby TrueHDやDTS-HD Master Audioなど、最新のデジタル音声フォーマットに対応したデコーダーを搭載しました。また、この2種類の音声フォーマット以外にも、下記のデジタル音声フォーマットに対応したデコーダーや再生モードを用意しています。

対応フォーマット

Dolby Digital、Dolby Digital EX、Dolby Pro Logic II、Dolby Pro Logic IIx、Dolby Digital Plus、DTS、DTS-ES(Discrete/Matrix/Neo:6)、DTS 96/24、DTS-HD High Resolution Audio、AAC


Deep Colorやロスレス圧縮音声に対応した最新のインターフェイス「HDMI ver .1.3a」を装備。
映像、音声、制御信号を1本のケーブルでデジタル伝送できるインターフェイス「HDMI」は、バージョンアップを重ね、従来の「映像信号では1080P、そして、音声信号に対してはDolby DigitalやDTS、SACD、DVD Audio」のサポートから、最新のver.1.3aでは、
圧倒的な階調度を誇る「Deep Color」(本機は各色12bitまで対応)や「Munsell Color Cascade」と呼ばれる高彩度の色票への100%対応可能な拡張色空間「xvYCC」の伝送に対応(メタデータが固定の映像の場合)
ロスレス圧縮音声のDolby TrueHDやDTS-HD Master Audioなど最新のデジタル音声フォーマットへの対応
音声と映像間の遅延を補正してセリフと出演者の唇の動きを合わせるリップシンク機能
機器間の制御機能の強化
などが新たに追加されました。
DTC-9.8は、このHDMI ver.1.3a端子を入力4系統、出力2系統を装備。本機と各種デジタルプレーヤーやテレビ、プロジェクターとはそれぞれ1本のHDMIケーブルで接続するだけで、映像と音声の高品位な伝送が可能になるとともに、出力を2系統装備することで、プラズマ/液晶テレビとプロジェクターそれぞれに切換えて出力することができます。なお、Blu-ray Discプレーヤーから出力されるフィルムライクな画質が楽しめる1080/24Pへの対応、あるいは、ビットストリームをリニアPCMマルチチャンネル信号に変換して出力するプレーヤーにも対応しています。



HQVビデオプロセッサーを採用したアップスケーリング&アップコンバート機能を搭載
入力されたコンポジット、Sビデオ、コンポーネント/D4といった映像信号を、より上位の映像信号(最上位はHDMI)に変換して出力できるアップコンバート機能と、480i、480p、720p、1080iで入力された信号も、より上位(最上位は1080p)の解像度にアップスケーリングして出力する機能を搭載しました。これらの処理には、クラス最高レベルの画像処理デバイス、シリコンオプティクス社の「HQV Reon-VX」を使用。それにより映像機器がHDMI端子を装備し、かつ1080p対応なら、HDMIケーブルを1本接続するだけで、たとえコンポジットやSビデオ、コンポーネント/D4が入力されても1080pに変換してHDMI端子から出力することができます。なお、入力された映像信号は上位の映像信号にアップコンバート、アップスケーリングして出力する一方、スルーで入力をそのまま出力できるなど、使い勝手にも配慮しました。
入力信号の画質によってはアップコンバート非対応となる場合もあります。
アップコンバート後のHDMI端子からの出力はHDCP形式(不正コピーを防止する著作権保護技術のひとつ)となります。


映画制作者の意図するサウンドを家庭で再現するための規格THX Ultra2に準拠
映画の音作りの現場であるミキシングスタジオのサウンドを家庭で再現することを目的に策定された規格<ホームTHX>には、比較的大きい部屋(容積が3000ft3 =約85立方メートル/20畳程度)用の「THX Ultra2」と小さい部屋(同2000ft3 )用の「THX Select2」がありますが、本機は上位規格であるTHX Ultra2に準拠しました。

デジタルノイズを完全除去し、生々しいサウンドを蘇らせるVLSCを全チャンネルに搭載
DA変換後に残存するパルス性のデジタルノイズは、可聴周波数よりも高い成分がほとんどであるため、一般的なAVセンターではローパスフィルターでノイズの除去が図られますが、完全に取り去ることはできません。当社では、この種ノイズは音質を損ねる有害なノイズと位置づけ、このパルス性ノイズの完全除去のため、比較器とベクトル発生器、積分器で構成された独自回路技術「VLSC(Vector Linear Shaping Circuitry)」を開発し、搭載しました。ノイズのないクリーンなアナログ信号を新たに生成することで、ダイアローグや音楽、効果音を生々しく再現することができるようになりました。

小音量再生時でも音崩れしないリニア・オプティマム・ゲイン・ボリューム
小さい音量で音楽を聴くと、音楽のイメージが変わってしまったという経験を多くの方がされます。その原因は微小な調波成分がノイズにマスキングされ聴き取れなくしまうからです。一般的なアンプではプリアンプで約6倍、パワーアンプで約30倍ほどの増幅を行ないます。そのため、通常家庭で演奏される音量下では、増幅度があまり大きいので、入力信号はボリュームで大きく絞り込まれます。その結果、微小な調波成分が残留ノイズよりも小さいレベルとなり聴き取れなくなってしまうのです。この問題を解決するために開発したリニア・オプティマム・ゲイン・ボリュームは、パワーアンプの増幅だけで十分大きい音量が得られるボリューム位置では、プリアンプの増幅度を0dB(増幅しないこと)とし、それ以上の音量が必要になったとき、プリアンプの増幅度を0.5dBステップで上げていきます。従って、通常の音量下では、一般的なアンプと同じ音量を得るのに、プリアンプを流れる信号のレベルは約6倍大きくとれますから、微小な調波成分が残留ノイズに埋もれて聴き取れなくなってしまうことが大幅に改善され、音崩れのない再生を楽しむことができるようになります。

快適なホームシアター空間をカスタマイズする豊富な機能
RS232端子:ホーム・オートメーションシステムの中心となるAMX社やクレストロン社のコントローラーと接続して、AVセンターやプロジェクターといったホームシアター機器はもちろんのこと、照明やカーテン、空調などの集中コントロールが可能になります。
IR端子:本機をリモコン信号が直接届かない環境で使用する場合でも、スピーカークラフト社などの赤外線受光ユニットと接続してリモコン操作を可能にします。
12Vトリガー端子:他の12Vトリガー入力をもつ機器との電源の連動を可能にします。
HDMI端子:HDMI端子を介して他社のCEC(Consumer Electronics Control)対応機器との連動操作を可能にする「RI HD」機能を搭載しました。
Zone2、Zone3機能:別室で音楽や映画を楽しむための機能です。Zone2の部屋には音声と映像信号を送ることができます。
Ether端子:クレストロン社のe-controlやAMX社のDuet機器に接続してさまざまな機器のコントロールも可能となります。
RI端子:RI端子を装備したオンキヨー/Integra製DVDプレーヤーなどとの連動動作が可能です。また、RI端子を装備した東芝製テレビとも連動するRI EX機能も搭載しています。


その他の特長
XLRバランス入出力端子を装備、入力はパブリックスペースでの用途を考慮した「MONO」ソースにも対応 付属の測定用マイクで自動的にスピーカーセットアップする機能に「Audyssey MultEQ XT」を採用 192kHz/24bitのバーブラウンのステレオDAコンバーターを全チャンネルに使用 厳選されたオリジナルサラウンドモード(Orchestra、Unplugged、Studio-Mix、TV Logic、Mono Movie、Full Mono、All Ch Stereo、Theater-Dimensional) 互いの干渉を避けるため、アナログオーディオ回路/映像回路/デジタルオーディオ回路&マイコンの電源をそれぞれトランス、整流回路とも独立分離、アナログオーディオ用には大型トロイダルトランスを採用 ダウンミックス時にフロントチャンネルのダイナミックレンジやSN比などの劣化を防止する「ノンスケーリング・コンフィグレーション」回路 高音域が強調された劇場用サウンドを適切なバランスに補正する「Re-EQ」回路 より力強い低音を再生する「ダブル・バス」回路 小音量再生時にダイナミックレンジ幅を適切なレベルに設定する「レイトナイト」機能(Dolby Digital、Dolby TrueHD、Dolby Digital Plus再生時) 接続したディスプレイの画面上で各種設定ができる「オン・スクリーン・ディスプレイ」機能 マルチバンドイコライザー(25、40、63、100、160、250、400、630、1k、1.6k、2.5k、4k、6.3k、10k、16kHz) クロスオーバー周波数切換え機能(Full、40、45、50、55、60、70、80、90、100、110、120、130、150、200Hz)

 定 格
<音声>●定格出力/インピーダンス:1V/470Ω ●全高調波歪率:0.05%(1Vr.m.s.出力時) ●入力感度/インピーダンス:200mV/47kΩ(LINE)、2.5mV/47kΩ(PHONO MM) ●出力電圧/インピーダンス:200mV/470Ω(REC OUT) ●PHONO最大許容入力:70mV(MM 1kHz、0.5%THD) ●周波数特性:5Hz〜100kHz ( +1 dB/-3 dB、Direct mode) ●トーンコントロール最大変化量:±10dB(BASS at20Hz)、±10dB(TREBLE at20kHz) ●SN比:110dB(,LINE、IHF-A)、80dB(PHONO、IHF-A)
<映像>●入力感度・出力電圧/インピーダンス:1Vp-p/75Ω(Component and S-Video Y)、0.7Vp-p/75Ω(Component Pb/Cb、Pr/Cr)、0.28Vp-p/75Ω(S-Video C)、1Vp-p/75Ω(Composite) ●コンポーネント/D4映像周波数特性:5Hz〜100 MHz(-3dB)
<総合>●消費電力(電気用品安全法技術基準):75W ●待機時電力:0.1W ●最大外形寸法:幅435×高さ194×奥行き444.5mm ●質量:13.1kg
<端子>●HDMI端子:入力×4、出力×2 ●映像入力端子:D4×3、コンポーネント×3、Sビデオ×6、コンポジット×6 ●映像出力端子:D4×1、コンポーネント×1、Sビデオ×2、コンポジット×3(Zone2含む) ●音声入力端子:デジタル×6(光×3、同軸×3)、アナログ×12(RCA 2ch×10、RCA 7.1ch×1 ,XLR 2ch×1) ●音声出力端子:デジタル×1(光×1)、アナログ×6(RCA 2ch×2、Zone2×1、Zone3×1、RCA 7.1ch×1、XLR 7.1ch×1) ●RS232端子:1 ●IR端子:入力×2、出力×1 ●12Vトリガー出力:3 ●音場制御用マイク端子:1 ●Ether端子:1 ●ヘッドホン端子:1


●外観・定格・仕様は性能改善のため予告なく変更する場合があります。 ●撮影・印刷の条件により、掲載製品の色調が実物と異なることがあります。 ●ドルビー、Dolby、プロロジック、Pro Logic、およびダブルD記号は、ドルビーラボラトリーズの商標です。 ●DTS、DTS-HD High Resolution Audio 、DTS-HD Master Audio は、DTS,Inc. の商標または登録商標です。 ●HDMI、HDMIロゴおよびHigh-Definition Multimedia Interface は、HDMI Licensing LLC の商標または登録商標です。 ●Audyssey 2EQ、Audyssey MultEQ XT はAudyssey Laboratories の商標です。

報道関係者様へ
印刷にご使用いただける画像(JPEG形式)です。


※ブラウザでは表示できませんので、ファイル保存してご利用ください。


DTC-9.8 正面         (564KB)
DTC-9.8 背面         (937KB)



       【お客様お問合せ先】
          オンキヨー株式会社 コールセンター
              住所:大阪府寝屋川市日新町2番1号
              TEL:050-3161-9555


ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。






 このサイトについて 個人情報保護方針 お問い合わせ
ユーザー登録copyright 2008 ONKYO CORPORATION Japan All rights reserved