ONKYO  サイトマップ

05/25/2007
 
オンキヨー株式会社



最新のハイビジョンTVとシステムリンクする。

世界初※1HDMI ver.1.3a規格対応、本格AVセンター誕生。



●他社対応機種(2007年5月現在):パナソニック製 ビエラリンク対応テレビ「ビエラ」およびDVDレコーダー「ディーガ」など。
※接続可能機種等については、こちらをご参照ください。


 オンキヨー株式会社は6月16日より、最新のハイビジョンTVとシステムのようにリンク(連動)し、世界で初めて※1 HDMI ver.1.3a規格に対応する本格AVセンター「TX-SA605」を発売いたします。
●品番TX-SA605(N/S)
●品名7.1ch対応AVセンター
●予定発売日6月16日
●予定希望小売価格\84,000 (税抜\80,000)
プリプログラム対応リモコン付属
TX-SA605はストレスフリーなシアター環境を目指して、フルスペックハイビジョン(1080p)の映像や次世代サラウンド音声(PCM/ビットストリーム対応)まで伝送できる最先端のインターフェース「HDMI ver.1.3a」を搭載。さらには他社のTV製品やDVDレコーダーと、TVのリモコン1つで電源連動や音声切換え、ボリューム調整などの主要動作がシステム的にリンクする機能を実現しました。※2 また、ブルーレイディスクやHD DVDに収録されるドルビーデジタルプラスやドルビーTrueHD、DTS-HDの次世代サラウンドに完全対応。今後普及すると言われる次世代サラウンドのビットストリーム出力に対応した最新プレーヤーとの組み合わせにも最適な仕様です。もちろんオンキヨーの半世紀以上にわたるオーディオ技術を投入して音質に影響するノイズ問題を解消、劇場にいるような臨場感と上質のサウンドを再現します。

※1本格オーディオ仕様、フルスペックハイビジョン(1080p)映像や次世代サラウンド音声を伝送可能なHDMI ver.1.3a規格に対応する7.1chのAVセンターとして(2007年5月25日現在、オンキヨー調べ)
※2HDMIケーブルによる機器コントロール機能を搭載した製品同士使用の場合。すべての操作ができるものではありません。


オンキヨー公式ショッピングサイト「e-onkyo direct」では、発売約1週間前より先行予約販売を受付開始いたします。
PCからは、こちら >>> [e-onkyo direct] / 携帯からは、こちら >>> [e-onkyo mobile]

ケータイからQRコードで【e-onkyo mobile】へアクセス!!
※対応キャリア:NTTドコモ、au。
※ソフトバンクは今後対応予定です。

※一部対応していない機種がございます。
※対応しているケータイをお持ちの方のみご利用いただけます。




TVのリモコン1つで本格AVセンターがシステムリンク
ストレスフリーなシアター環境を目指して、フルHD(1080p)の映像や次世代サラウンド音声(PCM/ビットストリーム対応)まで伝送できる最先端のインターフェース「HDMI ver.1.3a」を搭載。さらには他社のTV製品やDVDレコーダーなどと、TVのリモコン1つで電源連動や音声切換え、ボリューム調整などの主要動作がシステム的にリンクする機能を実現しました。

他社対応機種(2007年5月現在):パナソニック製 ビエラリンク対応テレビ「ビエラ」およびDVDレコーダー「ディーガ」など。
対応システムリンク機能:上記テレビやDVDレコーダーのビエラリンク機能。接続可能機種等についてこちらご参照ください。
HDMIケーブルによる機器コントロール機能を搭載した製品同士使用の場合。すべての操作ができるものではありません。


ブルーレイ/HD DVDとのセットも安心、次世代サラウンドに完全対応。
これまでのブルーレイ/HD DVDプレーヤー(レコーダー)ではデータを読み取るデコーダーの搭載に差があったため、次世代サラウンドで収録されたブルーレイディスク/HD DVDを本来のクオリティで再現できない場合もありました。本機は「ドルビーデジタルプラス/ドルビーTrueHD/DTS-HDハイレゾリューションオーディオ/DTS-HDマスターオーディオ」デコーダーを搭載して完全対応を実現。最大7.1chで収録された次世代ディスクの能力を最大限に発揮できます。




音質に影響するノイズ問題を解消、本格オーディオ仕様のAVセンター。
原音の持つ質感や位置情報など、細部まで正確に再現するには計測器に現れないノイズへの対処が重要です。
オンキヨーは高度なオーディオ技術をもとにこれらの音質に影響するノイズを突き止め、特許技術「VLSC」回路の搭載や信号の大きさの基準となるグランド電位の安定化など、ノイズの排除を徹底。本機も同様の設計手法で取り組み、ハイビジョン放送やDVDソフトはもちろん、次世代ディスクのクオリティを十二分に発揮できる音質設計を施しています。
Vector Linear Shaping Circuitry



その他の特長
現行ハイビジョン映像を凌ぐディープカラー対応のHDMI ver.1.3a/オートスピーカーセットアップ「Audyssey 2EQ」機能/バーチャルサラウンド機能Theater-Dimensional/映像と音声のズレを補正するAVシンク機能/TVの画面に表示して設定できるオンスクリーン・ディスプレイ機能/HDMI端子へのアップコンバートもできるビデオコンバーター機能/フロントチャンネルのバイアンプ駆動に対応/グランドラインへの銅バスプレートの搭載など、2chアンプ以上に難しいグランド電位の安定化を徹底/実再生時でのワイドレンジ化を実現する独自技術「WRAT(Wide Range Amplifier Technology)」回路技術を投入/小さな音量でも豊かな音質を楽しめる、オプティマムゲイン・ボリューム


TX-SA605(N/S) 定格
●定格出力各チャンネル120W(6Ω、20Hz〜20kHz、0.08%以下THD、1ch駆動時)
●実用最大出力各チャンネル185W(6Ω、1ch駆動時、JEITA)
●全高調波歪率0.08%(1kHz、定格出力時)
●周波数特性5Hz〜100kHz/+1、-3dB(Direct mode)
●SN比106dB(LINE、IHF-A)
●トーンコントロール最大変化量±10dB/50Hz(BASS)、±10dB/20kHz(TREBLE)
●スピーカー適応インピーダンス4Ωまたは6Ω〜16Ω
●コンポーネント映像周波数特性5Hz〜50MHz
●消費電力(電気用品安全法技術基準)450W
●待機時電力0.1W
●最大外形寸法幅435×高さ174×奥行き377mm
●質量12.1kg
●HDMI端子入力2/出力1
●映像入力端子D端子3、コンポーネント端子3、Sビデオ端子5、コンポジット端子5
●映像出力端子D端子1、コンポーネント端子1、Sビデオ端子2、コンポジット端子2
●音声入力端子デジタル5(光3/同軸2)、アナログ8(2ch 7/7.1ch 1)
●音声出力端子デジタル1(光)、アナログ3(2ch 2/7.1ch 1)
●スピーカー出力端子7(バナナプラグ対応)
●ヘッドホン端子1
●RI端子1


リア画像

(※ 写真はTX-SA605(N)のものです。)


●外観・定格・仕様は性能改善のため予告なく変更する場合があります。

●撮影・印刷の条件により、掲載製品の色調が実物と異なることがあります。
●ドルビー、Dolby、プロロジック、Pro Logic、およびダブルD記号は、ドルビーラボラトリーズの商標です。
●DTS、DTS-HD High Resolution Audio 、DTS-HD Master Audio は、Digital Theater Systems,Inc. の商標または登録商標です。
●HDMI、HDMIロゴおよびHigh-Definition Multimedia Interface は、HDMI Licensing LLC の商標または登録商標です。
●Audyssey 2EQ、Audyssey MultEQ XT はAudyssey Laboratories の商標です。
●THXおよびUltra2はTHX社の商標です。

報道関係者様へ
印刷にご使用いただける画像(JPEG形式)です。


※ブラウザでは表示できませんので、ファイル保存してご利用ください。


TX-SA605(N)正面         (935KB)
TX-SA605(S)正面         (1021KB)



       【お客様お問合せ先】
          オンキヨー株式会社 コールセンター
              住所:大阪府寝屋川市日新町2番1号
              TEL:050-3161-9555





ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。






 このサイトについて 個人情報保護方針 お問い合わせ
ユーザー登録copyright 2008 ONKYO CORPORATION Japan All rights reserved