ONKYO  サイトマップ

02/09/2007
 
オンキヨー株式会社


■BR-NX10(S)発売日決定のお知らせ(2007/4/26)
CD/HDDチューナーアンプ「BR-NX10(S)」の発売日に関しまして、下記のとおり決定いたしました。
お待たせしましたお客様には大変ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

●「BR-NX10(S)」発売予定 平成19年7月5日(木)



ハードディスクにストックした音楽をハイクオリティ再生、

オンキヨーからフルサイズコンポ直系の本格HDDオーディオ誕生。




高級モデルの音質技術を凝縮する、本格CD/HDDオーディオシステム。
本格HDDオーディオにまとめて音楽をストック。高品位なジュークボックスが完成。
高級アンプに組み込む特許技術を搭載。圧縮保存した音楽もハイクオリティ再生。


 オンキヨー株式会社は3月中旬より、高級アンプやスピーカーで組み込まれる音質技術を凝縮した本格CD/HDDオーディオシステム「BR-NX10」「D-NX10」を発売いたします。市場では多くのHDD(ハードディスク)オーディオが販売されていますが、昨年発売して好評をいただいた「BR-NX8」では音質を理由に購入されたお客様が多数を占めるなど、HDDオーディオにはハイクオリティな音質が強く求められています。本体部の「BR-NX10」は、高級アンプで採用される「ディスクリート構成アンプ」を搭載。一般的なHDDオーディオでは例のない設計手法を投入することで、豊かな音楽再生を実現しました。さらに、ノイズ除去の特許技術「VLSC(Vector Linear Shaping Circuitry)」を搭載。HDDに保存した非圧縮リニアPCMの音楽はもちろん、圧縮して保存したMP3の音楽もピュアなサウンドで再現します。スピーカーシステム「D-NX10」にもクリアで高品位な低音を再現する「A-OMFモノコックコーン」「エアロ・アコースティックドライブ」など、高級スピーカーゆずりの仕様を凝縮。本体部の音質をさらに豊かにする本格設計を施しました。またCDやラジオだけでなく、カセットデッキやMDプレーヤーなどをつなげて懐かしい音楽を取り込み、タイトルつきで保存することも可能。オンキヨー製のカセットデッキやMDデッキなら便利なシンクロ録音で保存でき、さまざまな音楽がストックされたジュークボックスをハイクオリティなサウンドで楽しめます。


●品番BR-NX10(S)
●品名CD/HDD
チューナーアンプ
●予定発売日3月下旬 (訂正)7月5日
●予定希望小売価格\94,500
(税抜 \90,000)
●品番D-NX10(B)
●品名2ウェイ・スピーカー
システム
●予定発売日3月下旬
●予定希望小売価格\18,900
(税抜 \18,000)

オンキヨー公式ショッピングサイト「e-onkyo direct」では、3月上旬より先行予約販売を受付開始いたします。
PCからは、こちら >>> [e-onkyo direct]  / 携帯からは、こちら >>> [e-onkyo mobile]

ケータイからQRコードで【e-onkyo mobile】へアクセス!!
※対応キャリア:NTTドコモ、au。
※ソフトバンクは今後対応予定です。

※一部対応していない機種がございます。※対応しているケータイをお持ちの方のみご利用いただけます。


BR-NX10

高級アンプで採用される、ディスクリート構成アンプを搭載。
オーディオの能力を大きく決定づけるアンプ部には、単品スピーカーと組み合わせて充分にドライブできる本格的なパワーアンプを搭載することが求められます。BR-NX10のパワーアンプはフルサイズコンポで採用されるディスクリート構成アンプを搭載。既製のICチップは使用せず、トランジスタやコンデンサなど電子部品をヒアリングによる検証を繰り返しながらひとつひとつ吟味して選択しています。求める音質を獲得するまで回路のレイアウトを練りこんでいくという、一般的なHDDオーディオでは例のない本格的な設計手法により、圧倒的なクオリティを獲得しています。


● 本格HDDオーディオへストック、高品位なジュークボックスが完成
CDやラジオ、さらにはカセットデッキやMDプレーヤー、レコードプレーヤー(フォノイコライザー内蔵)などとつなげて多彩なメディアから最大40,000曲をHDDへストック。80GBのHDDを搭載していますので、音源を圧縮せずに録音できる高品位な「リニアPCM」でも最大約110時間の長時間収録が可能です。またHDDには約35万アルバムのタイトル情報を収録していますので、収録曲であればインターネットへ接続することなくアルバム名/アーティスト名/曲名をHDDへ自動登録できます。さらに最新のタイトル情報もインターネット経由で入手でき、カセットやMDなどアナログ音源から録音したタイトル情報のない曲でも、音楽データの波形から曲を識別してタイトル情報を自動で取得します。

音楽認識技術および関連情報はGracenoteョ社によって提供されています。
一部対応していない音楽CDもあります。また、データCDの情報を読み込むことはできません。

● 音楽サービス「エニーミュージック
パソコンを必要とせず、24時間いつでも聞きたい曲が手に入る音楽サービス「エニーミュージック」に対応しています。

 シングルやアルバムをいつでもダウンロード購入。
 
オンラインCDショップで欲しいCDを予約・購入。
 
FMオンエア中の楽曲名、アーティスト名を表示。

エニーミュージックの利用には登録(登録料\315:登録月のみ/月額利用料¥315:翌月より月額、ともに税込)および別途ブロードバンドインターネットとの接続が必要です。詳しくはhttp://www.anymusic.jp/またはエニーミュージックカスタマーサポートセンター(ナビダイヤル:0570-082-280/受付時間:平日11:00〜19:00またはEメール:info3@anymusic.jp)までご確認ください。

● RI(Remote Interactive)端子を装備
RI端子装備のオンキヨー製カセットデッキやMDデッキをRIケーブルで接続すれば、電源ON/OFFやインプットセレクターの自動切換え、シンクロダビングなど一体型製品のようにシステム連動。アナログ音源からの録音も快適に行えます。


デジタル信号からピュアなアナログ信号を生成、特許技術「VLSC」を搭載。
D/A変換された信号には、音のディテールに関わる微小な調波をマスクするパルス性デジタルノイズが残留しています。一般的にはローパスフィルターを通すことによって除去を図りますが、この方式では完全には除去できません。オンキヨーは、「比較器」の指示をもとに「ベクトル発生器」でノイズを含まないまったく新しいアナログ信号を生成するVLSCを開発。パルス性ノイズの完全除去に成功し、空間描写力を飛躍的に向上させています。HDDに保存した非圧縮リニアPCMの音楽はもちろん、圧縮して保存したMP3の音楽も音の実在感にあふれたピュアなサウンドで再現します。(米国特許番号6,697,002、日本特許番号3,616,878、またEUにおいて特許出願中。)




● その他の特長
インピーダンスの低いスピーカーを鳴らしきる4Ω(オーム)対応の本格設計/オンキヨーハイエンドアンプで開発された、実演奏時でのワイドレンジ化を図る「WRAT(Wide Range Amplifier Technology)」を搭載/ボリュームに連動してプリアンプ部の増幅度も変化させ、残留ノイズの増幅を抑制。小音量でも音が痩せることなく豊かな音楽表現力を誇る「オプティマムゲイン・ボリューム」を搭載/スーパーバス回路(ON/OFF)/トーンコントロール回路(BASS/TREBLE ±3)/PCM/ATRAC(ATRAC3、ATRAC3plus)/MP3のフォーマットでHDDへ収録可能/14モードのプログラムタイマー(スリープ1/ウェイクアップ3/録音10)/プリセット(FM20/AM10)チューナー、オートプリセット対応/CD-R/RW再生(リニアPCM、MP3記録、ファイナライズ済みに対応)/アルミニウムフロントパネル&ボリューム/HDD内の曲を再生するときに、曲のレベル調整をするノーマライズ機能/リピート/ランダム再生/ワンタッチですぐにランダム再生が楽しめるBGMボタンをリモコンに装備/HDD内の曲を多彩な聴き方で楽しめる充実の再生モード(アーティスト/アルバム/タイトル(50音・アルファベット表示)/お好みの曲を集めてのプレイリストの作成や、ランキング別の管理(よく聴く曲50/最近聴いた曲50/最近追加した曲50/掘り出し曲50)に対応/音楽サービス「エニーミュージック」に対応。登録すれば、インターネット経由で楽曲のダウンロード購入(ジャケット写真つき)やFMオンエア情報の取得などが楽しめます。/ネットワーク(LAN)経由でPC共有フォルダに保存している楽曲データをBR-NX10のHDDへ取り込んだりすることが可能/BR-NX10と対応USBデジタルオーディオプレーヤーやUSBマスストレージ間で楽曲ファイルの相互転送が可能
USBマスストレージ、PCからBR-NX10内蔵ハードディスクへの取り込みはMP3、エニーミュージックからはATRAC3に限られます。

 BR-NX10 定格

■CD/HDDチューナーアンプ●定格出力:19W+19W(4Ω、1kHz、0.4%THD)●実用最大出力:26W+26W(4Ω、JEITA)●スピーカー適応インピーダンス:4Ω●アンプ部全高調波歪率:0.4%(1W出力)●アンプ部周波数特性:10Hz〜100kHz/±3dB(LINE)●アンプ部SN比:100dB(LINE、IHF-A)●デジタル音声周波数特性:20Hz〜20kHz(CD、JEITA)●HDD容量:80GB●コーディング:PCM、 ATRAC3、ATRAC3plus、MP3●最大録音時間:約3,400時間(48kbps時)●最大アルバム数:40,000●最大曲数:40,000●FM/AM受信範囲:FM76.0〜108.0MHz、AM531〜1,629kHz●消費電力(電気用品安全法技術基準):70W●待機時電力:0.85W以下●最大外形寸法:幅205×高さ147×奥行き337mm●質量:5.7kg●音声入力端子:アナログ2●音声出力端子:アナログ2●映像出力端子:コンポジット1●USB端子(USB-A):1(Hi-Speed USB)●モジュラージャック:1(10BASE-T/100BASE-TX)●ヘッドホン端子:1●RI端子:1◎リモコン付属



D-NX10

ハイクオリティな音楽再生を実現、A-OMFモノコックコーン ウーファー&リングツィーターを搭載。
スピーカーの振動板は、楽器でいう弦に当たるもっとも重要なパーツであり、オンキヨーはスピーカーの製造を振動板からスピーカーユニットにいたるまで、自社で行うことにこだわり続けている数少ないメーカーです。原音に記録された幅広い帯域を忠実に再現させるため、ウーファーユニットに新開発のA-OMFモノコックコーンを搭載。力強く正確なピストンモーションの獲得と極小レベルのノイズ排除を、振動板とセンターキャップの一体成型という画期的な技術を核にすることで実現することができました。さらに、上級モデルで採用されているリング型ツィーターを搭載。ウーファー振動板に見合った正確な超高域再生を実現することで、圧倒的な表現力を獲得しています。

またスピーカーキャビネットは響きが自然な木材の使用にこだわり、さらにキャビネット表面には7度の塗りと磨きの工程のうえにピアノワックスをかけるという贅沢な仕上げを施して、高級楽器に迫る外観の美しさを追求しました。

●クリアで高品位な低音再生を実現、アドバンスド エアロ・アコースティックドライブを搭載。
一般的に低音を増強するバスレフダクトには丸型のものが多く採用されています。しかしこの形状はキャビネット内部のノイズを放出しやすく形状そのものもノイズ発生源となる可能性があり、低音にクリアさを求めることが困難でした。「AERO(エアロ・) ACOUSTIC(アコースティック) DRIVE(ドライブ)」はスリット型ダクトによるバスレフ技術の呼称。独自の構造と技術によりノイズの放出と発生を防ぎ、クリアで質の高い低音再生能力を高めています。さらに上位機種と同様に、ダクトをキャビネットの外部に配置してキャビネット-ダクト間の振動干渉を避けることで、クリアな再生を可能にしました。

 D-NX10 定格

●型式:2ウェイ・バスレフ型●定格インピーダンス:4Ω●最大入力:70W●定格周波数範囲:45Hz〜100kHz●定格感度レベル:83dB/W/m●クロスオーバー周波数:6kHz●キャビネット内容積:8.1リットル●最大外形寸法(1台):幅167×高さ298×奥行き245mm●質量(1台):4.2kg●ウーファー:13cm A-OMFモノコック/ツィーター:3cmリング●ターミナル:プッシュ式●防磁設計(JEITA)◎付属品:スピーカーケーブル(1.8m×2)、コルクスペーサー×8付属


●外観・定格・仕様は性能改善のため予告なく変更する場合があります。●撮影・印刷の条件により、掲載製品の色調が実物と異なることがあります。●音楽認識技術および関連情報はGracenoteョによって提供されています。Gracenote、GracenoteロゴはGracenote社の登録商標または商標です。●エニーミュージックはエニーミュージック株式会社の商標です。●QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

報道関係者様へ
印刷にご使用いただける画像(JPEG形式)です。


※ブラウザでは表示できませんので、ファイル保存してご利用ください。


BR-NX10(S)          (804KB)
D-NX10(B)           (811KB)



       【お客様お問合せ先】
          オンキヨー株式会社 コールセンター
              住所:大阪府寝屋川市日新町2番1号
              TEL:050-3161-9555



ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。






 このサイトについて 個人情報保護方針 お問い合わせ
ユーザー登録copyright 2008 ONKYO CORPORATION Japan All rights reserved