ONKYO  サイトマップ

06/21/2006
 
オンキヨー株式会社



iPodをコントロールする専用ドックを標準装備!
上質のONKYOサウンドでiPodの音楽を楽しめる、

スタイリッシュな1BOXオーディオ




オンキヨーサイバーショップ(www.e-onkyo.com)では、発売1週間前より先行予約を開始します。

品  番
品  名
予定発売日
予定希望小売価格
当初月産台数
X-T1DSC(S)
iPod専用RI Dock付属
CDチューナーアンプシステム
8月4日
オープン価格※2
2,500台
オープン価格の製品は希望小売価格を定めていません。

 オンキヨー株式会社は8月4日より、市場で高い評価を獲得しているX-T1のラインナップ強化として、iPodをコントロールできる専用ドックを装備したスタイリッシュな1BOXオーディオ「X-T1DSC」を発売いたします。X-T1DSCのリモコンによるiPodの基本操作や充電機能に対応し、iPodの音楽を上質のONKYOサウンドで楽しめます。
 X-T1DSCには「コンパクトなスピーカーの音は貧弱」というこれまでの常識を覆す、オーディオメーカー・オンキヨーならではの高度な設計技術を投入。本格仕様のスピーカーユニットを採用するだけでなく、新たにキャビネット形状の開発や技術刷新をすることにより、コンパクトなサイズからは想像もできない量感豊かな低音再生を実現しています。また置き場所を選ばない222mmの奥行きや美しいイルミネーションの本体パネルなど、スタイリッシュで質感豊かなデザインも兼ね備えています。
図1参照

 デジタルオーディオプレーヤーとして広く普及するiPodには普段楽しんでいる音楽が数多く保存されています。アウトドアで日常聴いている音楽ライブラリを家では「もっと使いやすく、もっといい音で楽しむ」。X-T1DSCはそのようなニーズに応える最適な製品です。




 Sound&Design -サイズを超える上質のサウンドと質感豊かなデザインを融合。

オーディオメーカー・オンキヨーならではの高度な設計技術を投入。
「コンパクトなスピーカーの音は貧弱」というこれまでのスピーカー技術における常識を覆すために、ONKYO本格スピーカーに採用される「AERO ACOUSTIC DRIVE」をさらに進化させました。キャビネット内部の音を外部に放出して発音効率を高めるバスレフダクトを、一般的な円筒状ではなくスリット型にすることで、低音のスピード感を高めるという従来の特長は継承。さらにキャビネット内部での折り返しによりダクト長を伸ばして、コンパクトなキャビネットサイズからは想像できないほどの量感豊かな低音の再生に成功しています。
 
またキャビネット形状においても、平行面を極力排除する新開発ラウンドフォルムを採用。キャビネット内部での反射音の発生を徹底して抑制し、バスレフ型ならではの量感豊かな音質特性と、スッキリとした輪郭のある表現力の両立を実現しています。

●本格仕様スピーカーユニット。
「スピーカーのエンジン部」と例えられるウーファー/ツィーターユニットには、オンキヨー独自の本格技術を投入。ウーファー振動板には、強靭で固有の雑音成分が少ないPEN(ポリエチレン・ナフタレート)による織布と天然繊維をハイブリッド成型したA-OMFコーンを採用。強靭な振動板ならではの力強さと、小口径8cmユニットの緻密さを併せ持つサウンドが再現できます。またツィーター振動板には50kHzの高域まで再生可能なバランスドーム型を採用。伸びやかな高域を再生します。


●スタイリッシュで質感豊かなデザイン。
奥行き222mmのスタイリッシュなボディに、プレイ/ストップや音量調節、入力切換えなどの主要ボタンを円形に配置するユニークなパネルを採用。美しいイルミネーションも印象的な、質感豊かなデザインに仕上げています。


 For iPod iPodをリモコンでコントロールする専用ドックを標準装備。

●リモコンでiPodを快適操作&ハイクオリティ再生。
X-T1DSCのリモコンでiPodの操作をコントロールできる専用ドックを標準装備。家に帰ればドックに差し込むだけ。一体になったかのように、iPodライブラリをX-T1DSCの心地よいサウンドで楽しんでいただけます。充電機能も装備していますので、外出時も安心して持ち出せます。

付属の専用ドック
(※iPodは付属していません。)
※専用ドックに対応するiPod などの詳細は、特設ページをご覧下さい。

iPodと付属の専用ドックを接続して可能となる主な機能
(1)
X-T1DSCのリモコンで、iPodの音量調節、プレイ、ストップ、演奏曲を次の曲へおくるスキップアップ、前の曲へおくるスキップダウンの基本操作ができます。
(2)
専用ドックにiPodをセットすれば、自動的にバッテリーの充電を行います。

また、MDデッキ、カセットデッキ専用ドックとの同時接続はできません)やサブウーファーといった、オーディオ機器との接続も可能。オンキヨー独自のRI(Remote Interactive)端子を持つオプションと接続すれば、機器間の電源連動などシステム連動が可能になります。

多彩なトーンコントロール機能。低音/高音をそれぞれ10段階ずつレベル調整できるトーンコントロール機能を装備しています。加えて重低音をさらに強調できるS.BASS機能(OFF/1/2)も装備。視聴場所や音楽のジャンル、音の好みに合わせて思いのままの多彩なサウンドコントロールが可能になります

(その他の特長)●最大25曲まで記憶するプログラム再生/ランダム、リピート再生/音楽用CD-R/RW再生可能(PCMフォーマットで録音された音楽用CD-R/RWで、ファイナライズ済みのディスク。ただし、傷、汚れ、録音状態によっては、再生できないことがあります。)/30局プリセット対応FM/AMチューナー搭載/録音も再生も複数設定可能な最大4モードのプログラムタイマー機能

X-T1DSC 定格
■CDチューナーアンプ●実用最大出力:10W+10W(6Ω、JEITA)●アンプ部全高調波歪率:0.07%(1kHz、1W出力時)●アンプ部周波数特性:20Hz〜50kHz/±3dB(HDD/TAPE)●アンプ部SN比:80dB(HDD/TAPE、IHF-A)●トーンコントロール最大変化量:±10dB/100Hz(BASS)、±10dB/10kHz(TREBLE)、+4d B/80Hz(S.BASS1)、+8dB/80Hz(S.BASS2)●デジタル音声周波数特性:20Hz〜20kHz(CD、JEITA)●FM/AM受信範囲:FM76〜108MHz、AM522〜1629kHz●消費電力(電気用品安全法技術基準):39W●待機時電力:0.2W●最大外形寸法:幅298×高さ204×奥行き222mm●質量:3.2kg●入力端子:アナログ1●出力端子:デジタル(光)1、アナログ2(2ch1/サブウーファープリ1)●ヘッドホン端子:1●RI端子:1■スピーカーシステム●型式:2ウェイ・バスレフ型●定格インピーダンス:6Ω●最大入力:40W●定格感度レベル:80dB/W/m●定格周波数範囲:70Hz〜50kHz●クロスオーバー周波数:8kHz●キャビネット内容積:1.8リットル●最大外形寸法(1台):幅125×高さ221×奥行き206mm●質量(1台):0.9kg●ウーファー:8cm A-OMFコーン/ツィーター:2cmバランスドーム●ターミナル:プッシュ式●防磁設計(JEITA)■iPod専用RI Dock●端子:RI 1、RCAアナログ音声出力1、S映像出力1、電源1●最大外形寸法:幅112×高さ56×奥行き112mm●質量:220g◎リモコン、スピーカーケーブル(1.8m×2)付属※1セット1梱包




人と環境にいい音を!
オンキヨーが独自のハイブリッド成型で開発したOMFコーンは生産過程において汚水(排水)を発生させません。従来の紙コーンに比べてひときわ豊かなサウンドを実現し、環境にもやさしいOMFは、ほとんどのオンキヨースピーカーに使われています。

●外観・定格・仕様は性能改善のため予告なく変更する場合があります。●撮影・印刷の条件により、掲載製品の色調が実物と異なることがあります。●インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、インテル Viiv、インテル Viiv ロゴはアメリカ合衆国および他の国におけるインテル コーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。●iPodはApple Computer,Inc.の商標です。●OMF、RI、e-onkyo、HD24/96ロゴ、IMAGINATIVE SIGHT&SOUNDは、オンキヨー株式会社の登録商標です。●HD Media Computer / HD メディア・コンピューターはオンキヨー株式会社の商標です。

報道関係者様へ
印刷にご使用いただける画像(JPEG形式)です。


※ブラウザでは表示できませんので、ファイル保存してご利用ください。


X-T1DSC(S)             (928KB)


       【お客様お問合せ先】
         オンキヨー株式会社 コールセンター
              住所:大阪府寝屋川市日新町2番1号
              TEL:050-3161-9555




ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。






 このサイトについて 個人情報保護方針 お問い合わせ
ユーザー登録copyright 2008 ONKYO CORPORATION Japan All rights reserved