ONKYO  サイトマップ

06/20/2006
 
オンキヨー株式会社




AV専門誌で高い評価を得たTX-SA603をさらにスケールアップ!
ピュアオーディオゆずりのサウンドと
オンキヨー初のPCとの高品位接続を実現する

7.1chサラウンド対応AVセンター




これからのインターフェイスHDMI端子を標準装備!
品  番
品  名
予定発売日
予定希望小売価格
当初月産台数
TX-SA604(N/S)
AVセンター
8月12日
\84,000(税抜\80,000)
1,500台

オンキヨーサイバーショップでは発売1週間前より先行予約を開始いたします。

 オンキヨー株式会社は7月29日より、AV専門誌で高い評価を獲得したTX-SA603の後継機として、音質はもちろん、オンキヨー初のPCとの高品位接続を実現するなど機能・インターフェイスもさらに向上させたAVセンター「TX-SA604」を発売いたします。

 オンキヨーのアンプでは、ハイエンドアンプで問題にされた動特性の改善に取り組み、実際の音楽信号に対する再現性能を重視しています。また、グランド(=信号の大きさを決める基準)電位の安定化を設計のベースとし、特許技術VLSCやオプティマムゲイン・ボリュームの回路技術、アンプを構成する各パーツの振動対策など、微小な音楽情報をマスキングするノイズの発生や影響を排除することを指針にしています。前モデルTX-SA603は、ONKYOオーディオで培ったこれらの高度なノウハウを結集させAV専門誌でも高い評価を獲得。後継機のTX-SA604においても、音質設計の指針はそのままに原音感のリアリティにあふれた<HD(high definition)サウンド>を追求し、機能やインターフェイスを強化して一層のスケールアップを図りました。
 最適なスピーカー設定を自動で行うオートスピーカーセットアップには「Audyssey2EQ機能」を搭載。複数のリスナーが同時に楽しめるベストな視聴エリアを設定できます。インターフェイスにはハイビジョンテレビなどで話題のHDMI端子を装備(入力2/出力1)。高品位な映像とサウンドをケーブル1本で伝送でき、コンポジット/Sビデオ/コンポーネント/D端子からHDMIへ変換出力できるビデオコンバーターも搭載しています。図1参照




TX-SA604は、次世代のサラウンド環境を見据えた7.1chの音声入力端子を装備。先進の音声フォーマットへの拡張性を実現し、オーディオメーカー初※1インテル® Viiv™ テクノロジー※2搭載PCであるHDメディア・コンピューター「HDC-7※3」と接続すれば、ネット独自の7.1ch番組(コンテンツ)もハイクオリティに再生できます。地上デジタル放送や大画面テレビの普及でホームシアターの需要は拡大し、インターネット配信のサラウンド音声化も進んでいくと考えられます。オンキヨーは、CDによる従来のピュアオーディオを凌ぐHD24/96サウンドの高品質音楽配信※4もスタートさせ、インターネットも含めた音の入口から出口までを<HDサウンド>環境でプロデュースするものづくりを進めています。図2参照



※1オーディオ専業メーカーが発売する初のインテル Viivテクノロジー対応PC(2006年4月現在、オンキヨー調べ)。
※2インテルの提案する、家庭でよりデジタル・エンターテイメントを楽しむことのできる、新しいタイプのPCプラットフォームのブランド。
※3詳しくは、(http://www.jp.onkyo.com/we_are_hd_sound/)をご参照ください。
※4昨年8月より開始した、「e-onkyo music store」の高品質音楽配信サービス(CDの音質を凌ぐ24bit/96kHzなど)。トライアルキャンペーンも実施中。詳しくは、(http://music.e-onkyo.com/)をご参照ください。


 Sound -ハイクオリティ<HDサウンド>を追求する高度な音質設計

●原音感のリアリティにあふれた<HDサウンド>を追求、
ノイズの発生・影響を徹底的に排除するオーディオ技術を投入。
オンキヨーのアンプでは、ハイエンドアンプで問題にされたTIM歪、PIM歪、IIM歪の低減に取り組み、実際の音楽信号に対する動特性の向上を重視しています。そのため、オーディオメーカーとして培った高度な回路設計の技術をもとに、NFB回路(Negative Feed Back=出力の+−を逆にして入力に戻すことによって歪率や周波数特性を改善する回路技術)に依存する一般的な手法は用いずオープンループで広帯域の特性をのばし、アンプの真の実力を高めています。また、グランド電位の安定化を設計のベースとし、特許技術VLSCやオプティマムゲイン・ボリュームの回路技術、アンプを構成する各パーツの振動対策など、微小な音楽情報をマスキングするノイズ源の排除に指針をおいています。より重厚で生演奏のような原音感まで再現するには、原音に含まれる極めて微小な調波をリスナーが聴き取れるようにしなければなりません。前モデルTX-SA603は、これらのノウハウを結集し、AV専門誌でも高い評価を獲得。TX-SA604においてもその音質設計の指針を継承し、振動対策の強化や各パーツの素材・形状・配置の最適化を推し進めて、原音感のリアリティにあふれた<HDサウンド>を追求。機能やインターフェイスを強化して一層のスケールアップを図りました。

●トランスと電源部を直結して、電力供給ラインのさらなる低インピーダンス化を実現。従来以上に安定した電力供給を図るため、複数の接合箇所を経ずにトランスと電源部を最短で直結して配線。電力供給ラインの低インピーダンス化をさらに進めて、スピーカードライブ力を向上しました。また、信号ラインも接合部の増加を抑えて微小信号への影響をさらに低減。スムーズな信号伝送を可能にしています。

●パルス性ノイズを完全に除去する特許技術VLSCを搭載
D/A(デジタル→アナログ)変換された信号には、微小な調波を聴き取れなくしてしまうパルス性ノイズが残留しています。一般的にはローパスフィルターを通すことによって除去を図りますが、この方式では完全に除去することはできません。オンキヨーは、「比較器」の指示をもとに「ベクトル発生器」でノイズを含まないまったく新しいアナログ信号を生成するVLSCを開発。パルス性ノイズの除去に成功し、よりピュアで心地よい音色を再現します。(米国特許番号6,697,002、日本特許番号3,616,878、またEUにおいて特許出願中。)

●オプティマムゲイン・ボリュームを採用。ボリュームに連動してプリアンプ部の増幅度も変化させ残留ノイズの増幅を抑制。ボリュームで減衰された音声信号がノイズ領域に近接し、微小な調波がマスキングされることを防ぎますので、小さな音量でも豊かな音質で楽しんでいただけます。

●グランドラインに銅バスプレートを使用。グランドラインのインピーダンスを下げることでグランド電位の変動を抑制。2chアンプ以上にグランド電位の安定化が難しいAVセンターにおいても、その徹底を図りました。

 Functions 本格的なシアター環境の構築と快適さを両立する高品位な機能

●最適なスピーカー設定を自動で行うオートスピーカーセットアップ「Audyssey2EQ機能」を搭載。
付属のマイクを使用して、接続したスピーカーの数やサイズ/視聴位置までの距離/各スピーカーレベルといった多彩な項目を最適値に自動的に設定。Audyssey2EQ機能により、視聴エリア内の3つの視聴位置で測定して処理を行い、複数のリスナーが同時に楽しめるベストな視聴エリアを設定できます。

●映像と音声の再生のズレを補正するAVシンク機能。大画面の再生環境で起こりがちな映像と音声の再生のズレを、10ms(ミリセカンド:千分の1秒)ステップで補正することが可能(0〜100msの範囲)。映像と音声のタイミングが合うことで、より違和感の無い鑑賞ができます。

●フロントスピーカーだけで臨場感豊かなシアターサウンド、
シアターディメンショナル(Theater-Dimensional)機能。
さまざまな5.1chデジタル音声を完全にデジタル処理したうえでバーチャルサラウンド音場を再現するシアターディメンショナル(Theater-Dimensional)機能を搭載。2つのスピーカーでの使用はもちろん、センタースピーカーを加えた3つのスピーカーで迫力のバーチャルサラウンド音場を再現。サラウンド(リア)スピーカーを使用せずに、セリフや歌声も艶やかな臨場感あふれるサウンドを楽しんでいただけます。

サブウーファーを使用しない場合に、ダイナミックレンジやS/N比の劣化を防ぐノン・スケーリング・コンフィグレーション/接続するスピーカーシステムに合わせてサブウーファー帯域を任意で設定できるクロスオーバー周波数切換え機能/劇場用に強調された高域を補正するシネマフィルター機能/入力機器やソース間で生じる音量レベル差をあらかじめ補正できるインテリボリューム

 Interface HDMI端子の装備をはじめ、オンキヨー初のPCやiPodとも組み合わせられる豊かな発展性

●最先端のデジタルAV信号伝送規格「HDMI端子」を装備、
HDMIへの変換出力が可能なビデオ・アップコンバーター搭載。
480i〜1080pのRGBおよびY、Cr、Cb形式によるデジタル映像信号とデジタル音声信号の同時伝送を可能にするHDMI端子を入力2系統、出力1系統装備。HDMI端子をもつDVDレコーダー、テレビやプロジェクターとケーブル1本で接続して、映像と音声の高品位伝送を実現します。
また、D4/コンポーネント、S、コンポジットから入力された映像信号をHDMIへ変換出力が可能なビデオ・アップコンバーターを搭載。映像信号の時間軸でのジッターノイズを低減する「タイムベースコレクター(TBC)」も内蔵していますので、上位変換でも高精度な処理が可能です。
●オプションDS-A1との高品位な組み合わせ、
リモコンでiPodを快適操作&VLSCによるハイクオリティ再生。

DS-A1
(※iPodは付属していません。)
オプションのDS-A1を組み合わせれば、TX-SA604のリモコンでiPodの操作が可能。圧縮音源にも効果を発揮するVLSCによりハイクオリティに再生できます。家に帰ればDS-A1のドックに差し込むだけ。一体になったかのように、iPodライブラリを楽しんでいただけます。充電機能も装備していますので、外出時も安心して持ち出せます。
※DS-A1に対応するiPod などの詳細は、特設ページ(http://www.jp.onkyo.com/sf_ipod/)をご覧下さい。

●次世代のサラウンド環境を見据えた7.1ch音声入力端子を装備。
先進の7.1chサラウンドに対応する音声入力端子を装備。DVD-AudioやスーパーオーディオCDはもちろん、ドルビーやdtsの次世代DVD音声フォーマットへの拡張性を実現しています。また、オーディオメーカー初のインテル Viivテクノロジー搭載PCとなるHDメディア・コンピューター「HDC-7」と接続すれば、ネット独自の7.1chコンテンツもハイクオリティに再生することができます。


D4/コンポーネント映像入力端子3系統装備/ACケーブルが着脱可能なACインレット装備

(その他の特長)●音声信号回路への電源供給部を他の回路への電源供給部から完全セパレート化。高周波ノイズなど、音声再生に悪影響を与えるノイズをさらにシャットアウトしています。/ハイグレードなコア電源トランスを採用/再生周波数の広帯域化を図る独自技術WRAT(Wide Range Amplifier Technology)/小音量時に微小な音声信号を補正して聴き取りやすくするレイトナイト機能(ドルビーデジタル再生時)/接続したディスプレイの画面上で設定ができるオンスクリーンディスプレイ機能/24bit/192kHz D/Aコンバーター搭載/より力強い低域再生が可能なダブル・バス機能/さまざまなタイプのスピーカーシステムに対応できる4Ω対応インピーダンス切換え機能/高品位なステレオ再生が可能なPure Audioモード/多彩なサラウンドフォーマットに対応(ドルビーデジタル、dts、MPEG-2 AAC、dts 96/24、ドルビーデジタルEX、dts-ES Discrete、dts-ES Matrix、dts Neo:6、ドルビープロロジックllx)/厳選されたオリジナルサラウンドモード搭載 (Orchestra、Unplugged、Studio-Mix、TV Logic、Mono Movie、Full Mono、All Ch Stereo)/ボリューム部のライティングのON/OFF切換えにも対応する3段階ディマー/トーンコントロール(フロントL/R)/システム連動機能「RI EX」対応/バナナプラグ対応ネジ式スピーカーターミナル


TX-SA604(N/S) 定格
●定格出力:各チャンネル120W(6Ω、1kHz、0.08%以下THD、1ch駆動時)●実用最大出力:各チャンネル185W(6Ω、1ch駆動時、JEITA)●全高調波歪率:0.08%(1kHz、定格出力時)●周波数特性:10Hz〜100kHz/+1、-3dB(Direct mode)●SN比:106dB(LINE、IHF-A)●トーンコントロール最大変化量:±10dB/50Hz(BASS)、±10dB/20kHz(TREBLE)●スピーカー適応インピーダンス:4Ω〜16Ω●コンポーネント映像周波数特性:5Hz〜50MHz●消費電力(電気用品安全法技術基準):450W●待機時電力:0.1W●最大外形寸法:幅435×高さ174×奥行き377mm●質量:12kg●HDMI端子:入力2/出力1●映像入力端子:D端子3、コンポーネント端子3、Sビデオ端子5、コンポジット端子5●映像出力端子:D端子1、コンポーネント端子1、Sビデオ端子3、コンポジット端子3●音声入力端子:デジタル6(光4/同軸2)、アナログ8(2ch7/7.1ch1)●音声出力端子:デジタル1(光)、アナログ4(2ch3/7.1ch1)●スピーカー出力端子:7●ヘッドホン端子:1●RI端子:1◎リモコン付属

●外観・定格・仕様は性能改善のため予告なく変更する場合があります。●撮影・印刷の条件により、掲載製品の色調が実物と異なることがあります。●ドルビー、Dolby、プロロジック、Pro Logic、Surround EX、AACおよびダブルD記号は、ドルビーラボラトリーズの商標です。●dts、dts-ES Extended Surround、Neo:6、dts96/24は、Digital Theater Systems,Inc.の商標です。●HDMIはHDMILicensing LLCの登録商標です。●Mult EQまたは2EQはAudyssey Laboratoriesの商標です。●インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、インテル Viiv、インテル Viiv ロゴはアメリカ合衆国および他の国におけるインテル コーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。●iPodはApple Computer,Inc.の商標です。●RI、VLSC、VL VECTOR LINER SHAPING CIRCUITRYロゴ、e-onkyo、HD24/96ロゴ、IMAGINATIVE SIGHT&SOUND、Theater-Dimensionalは、オンキヨー株式会社の登録商標です。●HD Media Computer / HD メディア・コンピューターはオンキヨー株式会社の商標です。

報道関係者様へ
印刷にご使用いただける画像(JPEG形式)です。


※ブラウザでは表示できませんので、ファイル保存してご利用ください。


TX-SA604(N)        (705KB)
TX-SA604(S)         (997KB)
TX-SA604(N)リア画像   (840KB)



       【お客様お問合せ先】
          オンキヨー株式会社 コールセンター
              住所:大阪府寝屋川市日新町2番1号
              TEL:050-3161-9555


ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。






 このサイトについて 個人情報保護方針 お問い合わせ
ユーザー登録copyright 2008 ONKYO CORPORATION Japan All rights reserved