ONKYO  サイトマップ
ONKYO製品情報





CDチューナーアンプモデルとiPodドックをパッケージング
iPodの音楽ライブラリが豊かな音質で再現されます。
iPodは付属しません。

ご注意: この製品は現在出荷を完了しています。
表記内容全般は発売時点のものです。
写真色調
/
製品の色調については実物と異なる場合があります
用  語
/
定格、仕様は、製品発売当時の測定基準で表記しています
文章表現
/
「最新」「最軽量」「最速」などの表記は、製品発売時点のものです
希望小売価格
/
発売後オープン価格になったものも、本ページでは製品発売時点の表記をしています

品   番
X-T1CRX(S)
希望小売価格
オープン価格
発 売 日
2007/07/20
シリーズ
X-T1
カテゴリー
CDチューナーアンプ

 特  長


X-T1XのMD非搭載タイプとiPod専用ドックをパッケージング。付属のシステムリモコンでiPodの再生や選曲、シャッフル/リピート操作もコントロールできます。スタンバイ時にリモコンの再生ボタンを押せばiPodの電源ON、オーディオセレクターの自動切換えなどユーザーフレンドリーなシステム連動も可能。ドックとTVモニターを映像ケーブルで接続すれば、映像出力に対応したiPodのビデオ/写真表示にも対応しています。ドック接続時はiPodの充電も可能です。

●音声出力に対応するiPod
iPod touch/iPod classic/iPod(第4世代以降)/iPod photo/iPod nano/iPod mini
(映像出力は第5世代、第4世代iPodとiPod photoに対応しています)

音楽の躍動感は、低音の質で決まる。「コンパクトオーディオの音は貧弱」という常識を覆すために、オンキヨーが出した答えは高級単品スピーカーの技術をいかにして組み込むかということでした。「エアロ・アコースティックドライブ」はオンキヨー技術が開発したスリット型バスレフダクトの呼称。バスレフはキャビネット内で発生した空気振動エネルギーを放出して低音再生を増強する技術ですが、一般的に採用される丸型円筒ダクトの形状ではキャビネット内部で発生したノイズも放出しやすく低音そのものが「こもり」の原因となって楽器やヴォーカルの再生音を曇らせ、音楽の躍動感を損なっていました。「エアロ・アコースティックドライブ」は、設計とヒアリングを繰り返し練り直すことで解明できた独自のスリット構造により「こもり」の原因となるノイズを徹底して除去。演奏している楽器の数や、こまかな演奏スキル、歌声にこめられた感情のニュアンスなど音楽情報が豊富に再現される高品位な技術です。
より豊かに。従来比1.5倍のキャビネット容量。アコースティック楽器と同様にスピーカーの低音再生力を高めるためには充分なキャビネット内容積が必要です。X-T1第2世代モデルのスピーカーはエアロ・アコースティックドライブ技術を継承した上で、キャビネットの容量を従来比155%に拡大。初代モデルよりも、さらに豊かな低音再生能力を実現しています。
よりクリアに。新開発ラウンドフォルム。キャビネットのフォルムも初代モデルで採用した形状をリファインし、さらに理想的なラウンドフォルムを実現しました。側面だけでなく背面もラウンド形状にすることで、キャビネットの平行面を完全に排除。平行する面で音が反復し発生する定在波(フラッターエコー)を除去して、こもりのないクリアな音質に磨きをかけています。小さな音までもはっきりと鮮明に聴こえ、まるで演奏者が目の前にいるようなクリアな音のイメージを体感していただけます。


スピーカーの振動板は空気を振動させ、音楽を最終的に奏でる部分。楽器でいう弦に当たる、もっとも重要なパーツです。オンキヨーはスピーカーの製造を振動板からスピーカーユニットにいたるまで、すべて自社で行うことにこだわり続けている数少ないメーカーです。ウーファー振動板には、強靭で固有の雑音成分が少ない「PEN(ポリエチレン・ナフタレート)」による織布と天然繊維を絶妙のバランスでハイブリッド成型した「A-OMF」振動板を採用。強靭な振動板ならではの力強さと、緻密さを併せ持つサウンドを再現します。またツィーター振動板には可聴帯域の上限を遥かに超える50kHzまで再生可能なバランスドーム型を採用。伸びやかでクリアな高域を再生します。また、オーディオ品質を極めるにはスピーカーの音圧などによる外部振動の影響も考慮する必要があります。回路基板に使用されるコンデンサなどのパーツは感度の低いマイクの役割にもなり、内部で響く振動を拾って音質に影響するノイズを発生させてしまうからです。そのためにセンター部底面には振動をしっかりと抑えるインシュレーターを採用。さらにフロントパネルには高級オーディオで採用される高剛性のアルミニウム素材を採用して外部振動から音質を守ると同時に、いつまでも美しい高級感を保ちます。


付属品/システムリモコン(RC-703S)、スピーカーケーブル(1.1m×2)、RI Dock用ACアダプタ、2chオーディオRCAピンケーブル(1.5m)、コンポジットビデオケーブル(1.5m)、RIケーブル(1.8m)

 スペック

対応iPodとリモコン操作

音声出力に対応するiPodiPod touch/iPod classic/iPod(第4世代以降)/iPod photo/iPod nano/iPod mini
(映像出力は第5世代、第4世代iPodとiPod photoに対応しています)
リモコン操作早送り/巻き戻し、シャッフル、リピート、プレイリストアップ/ダウン、アルバムアップ/ダウン、バックライト
iPodのビデオモード時は、リモコンによる操作はできません。

CDチューナーアンプ

実用最大出力10W+10W(6Ω、JEITA)
アンプ部全高調波歪率0.07%(1kHz、1W出力時)
アンプ部周波数特性20Hz〜50kHz/±3dB(DOCK/TAPE)
アンプ部SN比80dB(DOCK/TAPE、IHF-A)
トーンコントロール最大変化量±10dB/100Hz(BASS)、
±10dB/10kHz.(TREBLE)、
+4dB/80Hz(S.BASS1)、
+8dB/80Hz(S.BASS2)
デジタル音声周波数特性20Hz〜20kHz(CD、JEITA)
FM/AM受信範囲FM76.0〜108.0MHz、AM522〜1629kHz
消費電力39W
待機時電力0.2W
最大外形寸法幅298×高さ204×奥行き222mm
質量3.2kg
入力端子アナログ1
出力端子デジタル(光)1、アナログ2(2ch1/サブウーファープリ1)
ヘッドホン端子1
RI端子1
地上アナログテレビ放送は2011年7月までに終了することが、国の法令によって定められています。地上アナログテレビ放送終了後は、本機でテレビの音声を聴くことは出来ません。


スピーカーシステム

型式2ウェイ・バスレフ型
定格インピーダンス
最大入力40W
定格感度レベル80dB/W/m
定格周波数範囲60Hz〜50kHz
クロスオーバー周波数8kHz
キャビネット内容積2.8リットル
最大外形寸法(1台)幅133×高さ232×奥行き224mm
質量(1台)1.1kg
ウーファー8cm A-OMFコーン
ツィーター2cmバランスドーム

●ターミナル:プッシュ式
●防磁設計(JEITA)


iPod 専用RI Dock

端子RI 1、RCAアナログ音声出力 1、コンポジット映像出力 1、電源 1
最大外形寸法幅112×高さ60×奥行き112mm
質量220g
iPodには最新版ソフトウエアのインストールが必要です。最新版ソフトウエアはアップル社のホームページよりダウンロード可能です/iPod with videoのオンキヨーコンポ付属リモコンでの操作はミュージックモード時のみ対応。ビデオモード時はiPod本体で操作可能です/オンキヨーコンポ付属リモコンで、iPodのイコライザ設定や、MENU選択は出来ません/iPod nanoでは、iPod側の仕様によりコンポジット映像信号を外部出力してスライドシヨーを見ることが出来ません/対応するオンキヨーコンポ機種の詳細については、「http://www.jp.onkyo.com/dsa1x/」をご参照ください。




]
この製品のメーカー保証期間および性能部品最低保有期間につきましてはこちらをご参照ください。

 このサイトについて 個人情報保護方針 お問い合わせ
ユーザー登録copyright 2008 ONKYO CORPORATION Japan All rights reserved