ONKYO  サイトマップ
ONKYO製品情報


DVDオーディオ /スーパーオーディオCD /スーパーオーディオCDマルチチャンネル
再生対応ユニバーサルプレーヤー

ご注意: この製品は現在出荷を完了しています。
表記内容全般は発売時点のものです。
写真色調
/
製品の色調については実物と異なる場合があります
用  語
/
定格、仕様は、製品発売当時の測定基準で表記しています
文章表現
/
「最新」「最軽量」「最速」などの表記は、製品発売時点のものです
希望小売価格
/
発売後オープン価格になったものも、本ページでは製品発売時点の表記をしています

品   番
DV-SP155(S)
希望小売価格
\60,900(税抜\58,000)
発 売 日
2003/06/09
シリーズ
インテック155
カテゴリー
DVDプレーヤー, ミニコンポ

 特  長
INTEC155 V20X スペシャルページはこちら

高品位な次世代メディアに対応
■DVDオーディオ
動画や音声が収録可能なDVDビデオと同等の大容量ディスクに、高密度な音声信号を割り当てる次世代の音楽ディスクです。リニアPCM方式による最大24bit/192kHzのハイビット/ハイサンプリング収録を可能とし、原理上96kHzまで均一な超高帯域特性と、最大144dBの広大なダイナミックレンジを獲得しました。また長時間収録はもちろん、最高96kHz / 24bitのマルチチャンネル収録といったさまざまなフォーマットの音声が楽しめ、ハイクオリティな音楽の楽しみ方がさらに広がります。
DVDの大容量をフルに使った最大24bit/192kHzの高音質2ch再生
DVDビデオとは一線を画す、最高24bit/96kHzのマルチチャンネル再生
CDクオリティでは脅威の長時間、16bit/44.1kHzの2ch再生
静止画や動画なども収録可能な、多彩な付加コンテンツ


スーパーオーディオCD
PCM方式をハイビット/ハイサンプリング化するのではなく、広帯域を直接1ビットデジタル変換するという全く新しい方式。音声信号の大小をパルス波形密度で表現、原理上100kHzを遥かに超える超高帯域特性と最大120dBのダイナミックレンジを誇る、次世代のHi Fiサウンドの規格です。

スーパーオーディオCDマルチチャンネル
スーパーオーディオCDの圧倒的なクオリティはそのままに、マルチチャンネル収録を可能とするSACD-MULTIディスク規格。ディスクを選ばず、最新のデジタル表現をフルに楽しんでいただけます。

全5.1chに搭載されたハイスペックD/Aコンバーター
次世代メディアのハイスペックフォーマットに対応するオーディオD/Aコンバーターを全5.1chに搭載しています。最高24bit/192kHzにも達するDVDオーディオはもちろん、1bit方式を採用するスーパーオーディオCDの高品位なソースも再現。 これまでのメディアには無かった新しいサウンドの世界が広がります。

すべてのDVD & CD再生のための “ユニバーサル思想”
DVDビデオのプログレ再生はもちろん、DVDレコーダーで録画したDVD-R/RWディスク(ビデオモード)、録画・編集したDVD-RWディスク(VRモード)の再生、ビデオCD再生などさまざまな映像ディスクに対応しています。またCDはもちろんDVDオーディオやスーパーオーディオCD、dtsCD、さらにPCで作成したMP3フォーマットのCD-R/RWなど、さまざまな音楽ソフトも楽しんで頂けます。

飛躍的な音質向上、デジタル信号からピュアなアナログ信号を生成する「VLSC」回路
デジタル信号処理時にD/A変換器周辺で発生する高周波ノイズ(パルス性ノイズ)は、可聴帯域外に潜むものとしてその存在を軽視する傾向にありました。しかし、超高帯域再生するDVDオーディオやスーパーオーディオCDなどの次世代メディアが登場し、さらには無知覚の特殊なノイズ信号成分が音のぬくもりや質感をマスキングする可能性が露わとなり、ONKYOはいち早くそのノイズの完全除去に踏み切り、「VLSC(Vector Linear Shaping Circuitry)」回路を開発。音楽信号の変化情報に即するベクトル信号発生器により、従来のローパスフィルターでは低減されるに留まったパルス性ノイズの完全な除去を実現、CD、DVDはもちろん、音質の安定度に欠けるMP3などすべてのディスク再生に効果を発揮し、音質面での飛躍的な向上を可能としています。

DVDビデオの高画質を再現する、2-3プルダウンプログレッシブスキャン回路
フィルムと同じ24コマ/秒の映像信号を記録する、ハイクオリティな映画DVDソフトの映像を高精細に再現。24コマ/秒の画を交互に3フレームと2フレームで出力させ、60コマ/秒のプログレッシブ映像に変換、映画をはじめとするDVDビデオの高画質映像を存分にお楽しみいただけます。また、ケーブル1本の接続でプログレッシブスキャン回路によるハイクオリティな映像信号を出力できるD2端子を搭載。D2〜4端子搭載のテレビやプロジェクターと接続すれば、映画のようなハイクオリティな映像を、ご家庭で気軽にお楽しみいただけます。

5.1chマルチ入力対応でシアターへ発展、ドルビーデジタル & DTSデコーダー
DVDビデオのサラウンド音声フォーマット“ドルビーデジタル”デコーダーに加え、同様に最大5.1chまでのサラウンド音声のフォーマットである“DTS”デコーダーも搭載しています。

モニター画面に表示してDVD再生時の基本機能が設定できるオンスクリーンディスプレイ
対話形式で簡単に初期設定ができるセットアップナビゲーター
最大24ステップまで記憶するプログラム再生
最大24枚までのDVDビデオのプログラムを記憶するプログラムメモリー機能
停止後に続きから再生できるリジューム機能
2chで臨場感のある再生を実現するバーチャルサラウンドモード搭載
より鮮やかな映像信号に変換する10bit/54MHzビデオD/Aコンバーター(プログレッシブ時)
リモコン、6chオーディオRCAピンケーブル(0.6m)、コンポジットケーブル(1.5m)、Sケーブル(1.5m)、光ケーブル(1.0m)、RIケーブル(0.6m)付属

 スペック

<ビデオ部>
信号方式JEITA標準NTSCカラービジョン方式
水平解像度約500本
映像端子出力感度/インピーダンス
1Vp-p/75Ω (コンポジット信号)
1Vp-p/75Ω (Y信号)
0.286Vp-p/75Ω (C信号)
0.7Vp-p/75Ω (CB、CR信号)

<音声部>
音声周波数特性
  (デジタル音声)
DVDリニア音声
  4Hz〜22kHz (48kHz/JEITA)
  4Hz〜44kHz (96kHz/JEITA)
CDオーディオ
  4Hz〜20kHz (JEITA)
DVDオーディオ
  4Hz〜96kHz (JEITA)
スーパーオーディオCD
  4Hz〜96kHz (JEITA)
S/N比100dB以上
ダイナミックレンジ98dB以上
全高調波歪率0.005%以下
ワウ・フラッター測定限界以下 (±0.001% (W.PEAK、JEITA))
音声出力
-22.5dBm (デジタル音声)
2.0V(rms)/470Ω (アナログ音声)

<総合>
消費電力12W (電気用品安全法技術基準)
寸法155W×94H×297Dmm
質量1.9Kg
映像出力D2/D1端子 1
S端子 1
コンポジット端子 1
音声出力
デジタル端子 3 (光)
5.1chアナログ端子1 (フロント L/R、センター、サラウンドL/R、サブウーファー)
アナログ端子1(L/R)




画像をクリックすると拡大します



※ DVD-RWはビデオモード、VRモードに対応。「ビデオモード」はDVDフォーラムで定められた“ DVDビデオフォーマット”で録画するモードです。「VRモード」はDVDフォーラムで定められた“ビデオレコーディングフォーマット”で録画するモードです。
※各ディスクの特性・傷・汚れ、プレーヤーのピックアップレンズの汚れ・結露により再生できない場合があります。
※MP3CDにつきましては、ISO9660およびJoliet CD-ROMファイルシステムに従って、サンプリング周波数32kHz、44.1kHz、または48kHzの固定ビットレートで、1回のセッションで記録されたディスクに対応しています。
※プログレッシブテレビによっては、本DVDプレーヤーのプログレッシブ出力との相性により、画像に悪影響が生じることがあります。プログレッシブ出力においてこのような問題が生じた場合は、インターレース出力に切り換えてご使用ください。
※複製制限(コピーコントロール)機能のついた音楽CDの中には、CD規格に合致していないものがあり、本機で再生できない場合があります。


■ INTEC155 DVDプレーヤー(DV-SP155、DV-S155X)機能・定格比較表はこちら

■ カタログダウンロードはこちら
「INTEC155カタログ」



 

この製品のメーカー保証期間および性能部品最低保有期間につきましてはこちらをご参照ください。

 このサイトについて 個人情報保護方針 お問い合わせ
ユーザー登録copyright 2008 ONKYO CORPORATION Japan All rights reserved