ONKYO  サイトマップ
ONKYO製品情報





さらに本格的な表現力を獲得。ロングライフ設計仕様に、
選べる2つのスピーカーをラインナップしたスタンダードモデル

ご注意: この製品は現在出荷を完了しています。
表記内容全般は発売時点のものです。
写真色調
/
製品の色調については実物と異なる場合があります
用  語
/
定格、仕様は、製品発売当時の測定基準で表記しています
文章表現
/
「最新」「最軽量」「最速」などの表記は、製品発売時点のものです
希望小売価格
/
発売後オープン価格になったものも、本ページでは製品発売時点の表記をしています

品   番
X-N7TX(D)
希望小売価格
オープン価格
発 売 日
2007/09/14
シリーズ
FR
カテゴリー
CD/MDチューナーアンプ

 特  長


単品コンポと同じ設計手法。
他とはまったく違うプレミアム・オールインワン。

オンキヨーはハイファイ(高忠実度)再生を目的とした
アンプやスピーカーなどの高級オーディオシステムを開発し続け、
そこで得た設計手法をコンパクトなオーディオにも導入しています。
FRシリーズは一般的なセットコンポとは一線を画し、
他のオーディオと単独で組み合わせても
ハイレベルな実力を発揮する本格的なセンター部と
スピーカーシステムを組み合わせると言う
まったく独創的なコンセプトで設計された
オールインワンシステムです。

▲写真は、オンキヨーが誇る単品コンポーネント群とFR。選び抜かれた機器同士との自在な組み合わせを前提として高度な設計手法を用いて単品開発されたオーディオを「単品コンポ」と呼びます。「単品クオリティ」を「1BOX」のプロポーションで実現すると言う他に類を見ないコンセプトで誕生したFRシリーズはこうした品質に絶大なご支持をいただき、シリーズ10年目、第9世代となる進化を遂げることができました。


▲ X-N7TX(D) 
より高い品質を求めて常に進化を続けるFR。第9世代目となるX-N7TXのセンター部の開発にあたっては、コンデンサなど音質を左右する重要な電子部品の再選択に始まり、振動に強い回路レイアウトの見直しと徹底、さらには音質面でより有利な形状を検証して開発されたボリュームつまみなど細部にわたったブラッシュアップを行い、前モデルの表現力をさらに超えることができました。スピーカーシステムは形状、デザインともに一新。ライフスタイルに合わせて選べる2つの個性的な木目仕上げスピーカーをラインナップしました。ウーファーユニットに採用されるA-OMFモノコック振動板は、製造工程を見直し振動板の強度を向上、低音再生力を増強しています。
 
の他にもウーファーユニットのダンパーも新素材のものを開発して採用、柔軟性を高めることで微小信号への応答性を向上して、ヴォーカル帯域の細やかな表現力も飛躍的に高めることができました。ツィーターユニットはホーン&イコライザーの形状を新規開発、前モデルで採用されていた形状と比較してフラットにすることで不要な反射を抑制、キャビネットとの設置面積も拡大して固定強度と共振対策を向上させました。独自のバスレフダクト技術AERO ACOUSTIC DRIVE(エアロ・アコースティックドライブ)はダクト開口部の形状を検証して高さを拡げ、経路を短くしてより豊かな低音増強を実現しています。これらのブラッシュアップによりさらなるワイドレンジ化とノイズ低減を実現。広い音場感、奥行き感もしっかりとイメージでき個々の楽器やヴォーカルの質感、躍動感が格段に向上しています。




●その他の特長/ハイエンドアンプで開発されたワイドレンジ技術WRAT(Wide Range Amplifier Technology)/スーパーバス回路/7段階トーンコントロール/MDグループ機能/2倍速CD→MDダビング/外部機器との連動も可能なシグナルシンクロ録音機能/最大4モードのプログラムタイマー機能/FMオートプリセット可能30局メモリーFM/AMチューナー/CD-R/RW再生対応(ファイナライズ済みの音楽用CD-R/RW)/サンプリングレートコンバーター(32/44.1/48kHz、2ch PCM)搭載/ポータブルオーディオとの接続に便利なフロント入出力端子(レオミニプラグ)/接続したオプション製品の主要動作もコントロールできるシステムリモコン

付属品/システムリモコン、スピーカーケーブル(1.8m×2)、コルクスペーサー×8

 スペック

センター部
定格出力15W+15W(4Ω、1kHz、全高調波歪率0.4%以下)
実用最大出力 20W+20W(4Ω、JEITA)
アンプ部全高調波歪率 0.4%
アンプ部周波数特性 10Hz〜100kHz(TAPE)
アンプ部SN比 100dB(LINE、IHF-A)
トーンコントロール最大変化量 ±6dB/80Hz(BASS)、±8dB/10kHz(TREBLE)、+7dB/80Hz(S.BASS)
デジタル音声周波数特性10Hz〜20kHz(CD/MD、JEITA)
MD録音・再生時間最長約34時間(Hi-MDディスク使用・Hi-LPモード使用時)
FM/AM受信範囲FM76.0〜90.0MHz、VHF1〜3ch、AM522〜1629kHz
消費電力46W(電気用品安全法技術基準)
待機時電力0.1W
最大外形寸法幅205×高さ147×奥行き339mm
質量4.7kg
デジタル音声入力端子光1(PCM信号のみ)
アナログ音声入力端子RCAピン2ch 2
アナログ音声出力端子RCAピン2ch 2
フロント入出力端子ステレオミニ 入力1/出力1
サブウーファーモノ出力端子1

地上アナログテレビ放送は2011年7月までに終了することが、国の法令によって定められています。地上アナログテレビ放送終了後は、本機でテレビの音声を聴くことは出来ません。


スピーカー部
形式 2ウェイ バスレフ型
定格インピーダンス
最大入力70W
定格感度レベル83dB/W/m
定格周波数範囲50Hz〜100kHz
クロスオーバー周波数6kHz
キャビネット内容積8.0リットル(1台)
最大外形寸法幅164×高さ282×奥行き258mm (サランネット、ターミナル突起部含む)
質量3.7kg(1台)
ウーファー13cm A-OMFモノコックコーンコーン
ツィーター3cmリング
ターミナルプッシュ式
防磁設計(JEITA)





この製品のメーカー保証期間および性能部品最低保有期間につきましてはこちらをご参照ください。

 このサイトについて 個人情報保護方針 お問い合わせ
ユーザー登録copyright 2008 ONKYO CORPORATION Japan All rights reserved