ONKYO  サイトマップ
ONKYO製品情報




高級部品の採用などで徹底した高品位音質設計
7.1chマルチ出力にも対応したオーディオボード

ご注意: この製品は現在出荷を完了しています。
表記内容全般は発売時点のものです。
写真色調
/
製品の色調については実物と異なる場合があります
用  語
/
定格、仕様は、製品発売当時の測定基準で表記しています
文章表現
/
「最新」「最軽量」「最速」などの表記は、製品発売時点のものです
希望小売価格
/
発売後オープン価格になったものも、本ページでは製品発売時点の表記をしています

品   番
SE-150PCI
希望小売価格
オープン価格
発 売 日
2004/11/19
シリーズ
WAVIO
カテゴリー
オーディオデバイス

 特  長
SE-150PCIスペシャルページはこちら

高性能コントロールチップ、A/D、D/A独立コンバータ搭載
メインチップには高性能コントロールチップ”VIA Envy24HT”を採用、さらに高級オーディオ機器にも使用されているA/Dコンバータ、24bit/192kHz対応D/Aコンバータ、をそれぞれ独立して搭載しています。再生SN比110dBを実現するとともに、録音のSN比も大幅に向上させています。

銅バスプレート採用による安定したグランド電位
グランド電位は信号の基準となるもので、これが揺らぐといくら信号品質を高めても意味がなくなってしまいます。通常、電源ラインのグランドや信号グランド(ソースグランド)は基板にプリントされた極めて薄い(35μm)銅箔で結線されています。これに対してSE-150PCIでは、両回路に厚み1.0mm、幅7mmの銅バスプレートを採用。各グランドラインのインピーダンスを従来の銅箔に比べて数十分の一に低減し、基準電位をより厳密かつ強固なものにすることができました。それにより音楽要素を決定する微小な信号も漏らすことなく再生することが可能となり、楽器の音色や質感をリアルに再現、低域の力強さや厚みのある音質を実現しています。

超大型電解コンデンサによる安定した電源供給
PC内部では他のボードやドライブなどの様々な機器が動作しており、それらは同一の電源に接続されています。そのため、PCIバスから供給される電力は必ずしも安定した状態であるとはいえません。SE-150PCIでは高級オーディオ機器にも採用される超大型の電解コンデンサを採用、電源の瞬時供給能力を高め、電源素子への電力供給を安定させました。これによって電源が安定し、豊かで余裕のある音楽再生を可能にしています。

光デジタル入出力端子を装備して多彩なデジタル録音/再生
光デジタル端子を入力、出力とも装備。手軽にデジタル機器と接続が出来、再生高品位なデジタル録音※1/再生を楽しむ事ができます。光出力はデジタルパススルーにも対応していますのでAVアンプなどと接続して5.1chサラウンド再生※2も可能です。
※1:SCMS対応により著作権保護された音声信号のデジタル録音はできません。
※2:別途DVD再生ソフトウエアが必要です。

7.1chアナログ出力にも対応したマルチチャンネル入出力端子
マルチチャンネル入出力端子はLINE IN、MIC INに加え、7.1chのアナログ出力に対応していますので、映画※1やゲームを臨場感あふれる迫力のサウンドで楽しめます。ハイクラスのAVアンプ※2などと接続すればDVDも映画館に迫るリアルサウンドで楽しめます。
※1:別途DVD再生ソフトウエアが必要です。
※2:ミニステレオ端子からAVアンプの端子に適応したケーブルが必要です。

再生品質に徹底的にこだわった2ch出力専用端子を装備
7.1chのマルチ出力とは別に、2ch再生専用端子(ANALOG OUT)を装備しています。高級D/Aコンバータ、銅バスプレート、高品質コンデンサ、VLSC回路を左右チャンネル独立で基板上にシンメトリーに配置、再生音質に徹底的にこだわっています。

デジタル音楽データの音質を飛躍的に向上するVLSC
D/A変換器のノイズシェーピング等で発生する有害なパルス性ノイズは、従来のフィルタ方式では完全に除去することができませんでしたが、オンキヨーは最高級AVアンプに搭載した独自開発VLC技術を進化させた回路、「VLSC(R) (Vector Linear Shaping Circuitry)」を開発。VLSC(R)のベクトル信号発生器は、音楽信号の変化情報に則し、ノイズを含まない滑らかな信号を生成し出力していきます。MP3などの圧縮音源はもちろん、あらゆるデジタル音楽信号でその効果は高く、音の実在感や音場空間の再現力が飛躍的に向上、微妙なニュアンスまでも余すところなく再現します。(ANALOG OUTのみ)

 

その他の特長 
・RCAピン入出力対応
・マイク入力対応   
・EAX 2.0 、A3D 1.0 、QSound、STEREO EXPANDER対応
・キャプチャーカードからの音声入力に対応(内部接続 LINE IN)

RCAピンケーブル×1(1.5m)、マルチ入出力ケーブル×1(190mm)、CD-ROM、取扱説明書、保証書、お客様登録カード 付属

 スペック

<定格>
SN比110dB (LINE OUT)
周波数特性0.3Hz〜44kHz(LINE OUT,+0/-0.5dB)
デジタルINサンプリング周波数32、44.1、48、88.2、96kHz
デジタルOUTサンプリング周波数※132、44.1、48、88.2、96kHz
動作環境対応機種PCI(ver.2.1以上)バススロットを持つPC/AT互換機
OS※2 Windows®2000 Professional(SP3以上)、XP(SP1以上)
CPU Intel®Celeron® 800MHz以上
(Intel®Pentium® lll 800MHz以上推奨)
メモリ128MB以上 
その他CD-ROMドライブ(ソフトウエアのインストール時必要)
入出力端子LINE IN×2(ステレオRCA、内部接続)
MIC IN×1(φ3.5m/モノラル)、DIGITAL IN×1(光)
LINE OUT×1(RCA/STEREO)、DIGITAL OUT×1(光)
7.1ch ANALOG OUT(Front L/R、Center、Sorround L/R、Surround Back L/R、Subwoofer)
※1Windows Vista®で選択できるデジタル出力のサンプリング周波数は、44.1kHz/48kHz/96kHzのみとなります。サンプリング周波数 32kHz/88.2kHzでは、出力できません。
※2Windows Vista®用ドライバーをこちらより入手できます。
※WAVIO、VLSCの名称およびロゴはオンキヨー(株)の登録商標です。
※Windowsの正式名称はMicrosoft Windows Operating Systemです。
※Microsoft、Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における 登録商標または商標です。
※Intel、Pentium はIntel Corporationの登録商標です。






この製品のメーカー保証期間および性能部品最低保有期間につきましてはこちらをご参照ください。

 このサイトについて 個人情報保護方針 お問い合わせ
ユーザー登録copyright 2008 ONKYO CORPORATION Japan All rights reserved