ONKYO  サイトマップ
ONKYO製品情報



サラウンドスピーカーなしでも、本格5.1chサラウンドが楽しめる
バーチャルサラウンド機能装備のシアターパッケージ

ご注意: この製品は現在出荷を完了しています。
表記内容全般は発売時点のものです。
写真色調
/
製品の色調については実物と異なる場合があります
用  語
/
定格、仕様は、製品発売当時の測定基準で表記しています
文章表現
/
「最新」「最軽量」「最速」などの表記は、製品発売時点のものです
希望小売価格
/
発売後オープン価格になったものも、本ページでは製品発売時点の表記をしています

品   番
HTX-11
希望小売価格
オープン価格
発 売 日
2007/02/24
シリーズ
−−
カテゴリー
シアターパッケージ

 特  長

原音の持つ質感や位置情報など、音のディテールを正確に再現するためには、計測器でさえ突き止められないような極小なノイズも見逃すことはできません。それらは音のこまやかな質感をマスクし、人の聴感に感動を与えるあたたかな音楽の表情を損なってしまうからです。オンキヨーは高級単品オーディオにおいてあらゆる有害なノイズ発生源の対処へ挑戦。スピーカーユニットやバスレフダクトの新形状、アンプの聴感上のワイドレンジ化やグランド電位の安定技術など、培われた設計技術をすべての製品に継承しています。

OMFスピーカー振動板など高級単品技術を継承。
スピーカーの振動板は空気を振動させ、音を最終的に奏でる部分。楽器でいう弦に当たる、もっとも重要なパーツです。オンキヨーはスピーカーの製造を振動板からスピーカーユニットにいたるまで、すべて自社で行うことにこだわり続けている数少ないメーカーです。本体のアンプ内蔵サブウーファーはフラッグシップモデルSL-D1000等の設計理念と基本仕様を継承。大口径16cmOMF振動板 (ONKYO Micro Fiber。「より硬く・軽く・固有音が少ない」という振動板の理想像を追求して天然繊維をベースにしたハイブリッド型振動板)をフロントバッフルにマウントし、低音を増強するバスレフには豊かな質感をともなう独自のスリット構造を採用しています。

高品位な低音増強バスレフ技術「AERO ACOUSTIC DRIVE」。
バスレフはキャビネット内で発生した空気振動エネルギーを放出して低音再生を増強する技術ですが、一般的に採用される丸型円筒ダクトの形状ではキャビネット内部で発生したノイズも放出しやすく低音そのものが「こもり」の原因となってセリフや効果音、音楽などのこまやかなディテール(質感)を損なっていました。「エアロ・アコースティックドライブ」は設計と検証を繰り返し練り直すことで解明できた独自のスリット形状と構造を採用したバスレフダクトの呼称です。自社生産にこだわる高級振動板OMFコーンによるスピーカーユニットの実力を活かし、ノイズの発生を防いで小音量でも生々しい質感までもしっかりと聴き取れる高品位で臨場感あふれる低音再生を実現しています。

特許技術「VLSC」回路。デジタル音源をぬくもりある音質で再現。

デジタル信号を扱う機器の筐体内で発生を余儀なくされるパルス性ノイズに対して、一般的なオーディオ機器はローパスフィルター処理に留まっていました。VLSC(Vector Linear Shaping Circuitry)回路では、デジタル音声のアナログ変換直後の信号から元信号と同一のベクトルを持つピュアな音声信号をまったく新たに生成することにより、パルス性ノイズを飛躍的に低減。HTX-11にはこの画期的なVLSC回路をフロント2chに搭載。デジタル入力信号に動作して、デジタル音源をぬくもりのあるピュアなサウンドに再現します。

2本のスピーカーだけで実像感あふれるバーチャル5.1ch音場が再生。
可能な限りシンプルに本格サラウンドを実現していただくために高級AVアンプで開発されたバーチャルサラウンドDSP技術、Theater-Dimensiona(l シアターディメンショナル)を搭載しました。サテライトタイプのフロントスピーカーの設置だけで、あたかも5.1chを再生しているかのようなバーチャル音場を再現します。設置していないはずのセンターチャンネルポジションからは生々しいセリフやヴォーカルが、後方からは包み込むようなサラウンド音場がしっかりと聴こえてきます。映画はもちろん、テレビ放送や音楽などさまざまな音源を最新のバーチャルサラウンド技術で存分にお楽しみください。

ラウンドフォルムを採用、音のディテールを阻害するノイズを極限まで低減。

フロントスピーカーシステムは平行面を極力排除するラウンドフォルムを採用。キャビネット内部での反射音(ノイズ)の発生を徹底して抑制し、質感豊かな音質特性を実現しています。またツィーター振動板には50kHzまで再生可能なバランスドーム型を採用。伸びやかな高域を再生して美しい音場感をさらに高めています。オンキヨー独自の最新技術により、サイズの制約から解放された豊かなサウンドを再現する小型ながらも高品位なスピーカーです。

スピーカーの増設も可能。

HTX-11は高度なバーチャルサラウンド技術を採用していますので2本のスピーカーだけで実像感あるサラウンド音場をお楽しみいただけますが、さらなるシステムアップのためのアンプとスピーカー端子も装備しています。デザインと音色を揃えた別売りのセンター&サラウンドスピーカーもご用意しています。

地上デジタル放送の音声規格に対応。

アンプ内蔵サブウーファーの背面にはデジタル音源用に光デジタル端子を3系統装備。DVDの映画なども最高クラスの音場でお楽しみいただけますが、地上デジタル放送の音声もぜひとも本機に接続ください。ドラマのセリフや音楽はもちろん、バラエティやニュース番組でさえも声の通りが格段に良くなり聴き取りやすく情感あふれる音場へ生まれ変わります。またベースボールやサッカーなどのスポーツ番組も5.1chサウンドで放送することが多くなってきています。観客のざわめきや拍手、スタジアムの熱狂など、いままでのテレビ観戦では味わえなかった生のスポーツの醍醐味を手に入れることができます(※ステレオ放送の番組も「ドルビープロロジック」モードで5.1ch拡張再生されます)。アナログ音源用にはピン入力端子を2系統装備。ビデオデッキやアナログTV、音楽プレーヤーなどの中から接続をお選びいただけます。

iPodも演奏&快適コントロール可能。高品位なミュージックサーバーの完成です。
別売りのiPodドック「DS-A1XP(B)」を本機のアナログLINE2入力およびRI端子にシステムケーブル接続すれば、iPodの膨大な音楽ライブラリを豊かなサウンドで演奏。しかもHTX-11付属のリモコンでiPodの再生、ボリューム調整、曲の選択など主要操作もコントロールしていただけます(iPodの充電機能も装備)。RI端子はiPodドックの他にオンキヨー製DVDプレーヤーなどRI端子装備のオプション機器とシステム動作連動を可能にする快適なインターフェース。電源連動や入力セレクター切換え、主要な操作が1台のリモコンで可能となり、あたかも一体型システムのような心地よい操作フィーリングを実感していただけます。


●その他の特長/使いやすい日本語表記のリモコンを付属/シアターディメンショナル時にリスニングアングル調整が可能(Narrow/Middle/Wide)/6種類のオンキヨーオリジナルリスニングモード(Orchestra、Unplugged、Studio-Mix、TV Logic、All Ch Stereo、FullMono)/夜間などで音量を絞っても小さな音を聴きやすくするレイトナイト機能(ドルビーデジタルソフトのみ有効)/スリープタイマー機能




DVD-Videoではデジタル音声規格の代表格である「ドルビーデジタル」が。また、全国で本格スタートした地上デジタル放送で「AAC」音声規格が採用され、映画館同等のデジタルサラウンド(立体)音響がハイレベルな技術により記録されています。
HTX-11はサラウンドアンプ内蔵サブウーファーとフロントスピーカーだけの最高にシンプルで、最高に新しい本格技術を搭載したシアターパッケージ。
高品位な低音増強技術など単品スピーカーやアンプで開発され培われた音質技術とバーチャルサラウンド(後方仮想音源方式)技術を確かに投入して高精細な薄型TVにふさわしい、最新のシアターパッケージを実現しました。
ドルビーデジタル/DVD-Videoに採用されているデジタルサラウンド規格。
DVDプレーヤーと本機を光ケーブルで接続するだけで最大5.1chの豊かでクリアな立体音場が楽しめます。
ドルビープロロジック/あらゆる2ch音声を5.1chに拡張再生するモード。
アナログTVやビデオデッキ、音楽CDなどのアナログ音声をオーディオ用ピンケーブルで
本機に接続すれば臨場感あふれる5.1ch音場が再現されます。

DTS/DVD-Videoにオプションで採用されているデジタルサラウンド規格。
DVDプレーヤーの出力環境をDTS出力に設定すれば、より高品位な立体音場が再現可能です。

AAC/地上デジタルおよび、BSやCSデジタル放送で採用されているデジタルサラウンド規格。
デジタルTVやデジタルチューナーとの光ケーブル接続で最大5.1ch音場を楽しめます。


 スペック



5.1chアンプ内蔵サブウーファー

形式アンプ内蔵バスレフ型
実用最大出力17W×5ch(フロントL/R&センター&サラウンドL/R、1kHz、6Ω、JEITA)、
35W(サブウーファー、100Hz、12Ω、JEITA)
定格周波数範囲.35〜200Hz
SN比.100dB
キャビネット内容積7.1リットル
消費電力66W(電気用品安全法技術基準)
最大外形寸法.幅207×高さ330×奥行き327mm
質量10.5kg
ユニット16cm OMFコーン
ターミナルプッシュ式
音声入力端子デジタル3(光)/アナログ2
プリアウト出力1(将来の拡張用サラウンド信号出力端子)
●防磁設計(JEITA)


フロントスピーカー

形式2ウェイ・密閉型
定格インピーダンス
最大入力40W
定格感度レベル80dB/W/m
定格周波数範囲70Hz〜50kHz
クロスオーバー周波数9kHz
キャビネット内容積1.1リットル
最大外形寸法幅101×高さ175×奥行き111mm
質量0.8kg(1台)
ウーファー
ツィーター
8cm A-OMFコーン
2cmバランスドーム
ターミナルプッシュ式
●防磁設計(JEITA)




]
この製品のメーカー保証期間および性能部品最低保有期間につきましてはこちらをご参照ください。

 このサイトについて 個人情報保護方針 お問い合わせ
ユーザー登録copyright 2008 ONKYO CORPORATION Japan All rights reserved