ONKYO  サイトマップ
ONKYO製品情報






圧倒的な電力効率を誇るデジタルアンプの持てる力を
すべて引き出した革新的な「VL Digital」テクノロジー。
フルサイズのおよそ半分という横幅わずか205mmの世界が創る
デジタル時代の「VL」ピュアオーディオエンジンというべきプリメインアンプ。

ご注意: この製品は現在出荷を完了しています。
表記内容全般は発売時点のものです。
写真色調
/
製品の色調については実物と異なる場合があります
用  語
/
定格、仕様は、製品発売当時の測定基準で表記しています
文章表現
/
「最新」「最軽量」「最速」などの表記は、製品発売時点のものです
希望小売価格
/
発売後オープン価格になったものも、本ページでは製品発売時点の表記をしています

品   番
A-905FX(S)
希望小売価格
\52,500(税抜\50,000)
発 売 日
2005/03/09
シリーズ
インテック205
カテゴリー
ミニコンポ, Hi-Fiアンプ

 特  長

■圧倒的なパワーとスピードを宿す独自のデジタルアンプ
A-905FXは、デジタルアンプの特長である「電力効率の高さ」を、「スピーカードライブ能力の向上」のために最大限に引き出すという目標のもとに開発しました。電力効率が約70%程度である従来のアナログアンプに対して、「0」と「1」のみで信号伝送されるデジタルアンプは約90%という高効率化が可能。オンキヨーでは、この電力効率の向上を、アナログアンプに対しての最大のアドバンテージである「スピード感やエネルギー感の再現能力の高さ」の追求、例えば「全くの静寂から瞬時に立ち上がる躍動感」や「空間の広がりを表現するレンジ幅の広い力強さ」に内在する「スピード感」や「エネルギー感」を求めることに結び付けました。デジタルアンプの潜在的なポテンシャルを、これまで培ったさまざまな回路/実装技術で引き出し、圧倒的なスピード感とエネルギーでスピーカーをエモーショナルにドライブする。これがオンキヨーの考える「デジタルアンプ」のコンセプトです。


■最先端デジタルアンプをさらに洗練させる革新回路「VL Digital」
A-905FXでは、アナログ信号からのA/D変換に、可聴帯域外のノイズが少なく、サンプリング周波数も比較的低くできる「PWM(Pulse Width Modulation=パルス幅変調)」方式を採用しています。さらにPWM方式の動作をより理想的なものにするため、オンキヨー独自の積分型変調回路「VL Digital」を搭載。アナログ信号に重なって上下対称の波形を描くスパイクノイズの特性に着目し、波形の上下方向のエネルギーを相殺することで、スパイクノイズに起因するエラーを完全に排除した正確なパルス幅変調を実現しています。また、「VLDigital」回路の前段には、インバーテッド・ダーリントン回路を採用。歪発生の原因となる増幅素子固有の非線形特性も解消しています。

■超高速の応答特性を誇るフルディスクリート構成ドライバー段
A/D変換されたパルス信号を処理するドライバー段には、パルス信号の緻密な情報を高速かつ正確に伝送する優れた応答特性が求められます。A-905FXでは、一般的なICチップによるドライバー回路に対して、数倍以上の超高速化を実現するディスクリートドライバーを採用しました。


■電源回路の実力を存分に引き出す銅ライン/プレート
A-905FXの電源供給経路には、グランド電位の安定化を徹底するため、2基の電源部電解コンデンサー間と小信号回路を結ぶグランドラインに銅板を採用。また出力段からスピーカー端子部直前までの経路についても、伝送ロスを最小限に抑えるために信号ライン、グランドラインともに銅バスプレートを採用。一般的に使用されるプリント基板上の35μm厚の銅箔では得られない、芯の太い音色を実現しています。また、基板上のプリントパターンとは立体的にレイアウトできるので、距離も短縮でき合理的な配線を可能にしています。さらに出力段からスピーカー端子に至る経路では、信号ループを最小限にすることで、筐体内各部への不要な輻射も抑えることに成功しています。

■信号経路を短縮してピュアな音質を獲得するソースダイレクト・ポジション
内部設計は音楽信号を劣化させないために、入力から出力までできる限り余分な回路を介さない信号経路の最短化に配慮。トーン回路をバイパスするソースダイレクト・ポジションへの切り換えで、よりピュアな音質を獲得できます。

■クオリティへの徹底的なこだわりモータードライブボリューム
A-905FXの音量調整には、一般的な半導体スイッチング方式に較べ、接点での歪の発生が少ないアナログ方式のボリュームコントロールを採用。リモコン操作も可能となるようモータードライブ式としています。また、ボリュームノブのマーキングを見れば演奏前でも音量の目安が一目でわかるので操作性においても抜群です。

■リモコンでiPodの操作ができる iPod専用RI Dockに対応
A-905FX(S)は、iPodシリーズを本機のリモコンで操作できる専用RI Dock;DS-A1XPに対応。iPodをDS-A1XPにセットし、付属のケーブルをA-905FX(S)に接続すれば、オンキヨーRIシステム(=Remote Interactive)によって基本リモコン操作ができます。リモコンのないiPodを、家庭ではINTEC 205シリーズの本格的なサウンドで楽しんでいただけます。

音のアレンジを自由に設定できる3バンドトーンコントロール機能搭載(SUPER BASS/BASS/TREBLE)
プロセッサー/PC入出力端子装備(切替スイッチで設定)※1
アルミボリュームつまみ&アルミフロントパネル
パワーアンプとしても使用できる「MAIN IN」端子を装備※2
システムリモコン(RC-614S)付属
※1(1)PROCESSOR/PC端子はグラフィックイコライザーや録音機器を接続する端子です。PRCESSOR/PC切替スイッチの初期設定はPC側になります。
PROCESSOR/PC端子へ録音機器を接続する場合はPC側、グラフィックイコライザーやサラウンドプロセッサーなどを接続する場合はPROCESSOR側へ切替が必要です。何も接続しない場合は、PC側に設定してお楽しみください。切替スイッチをPROCESSOR側に設定していると他の端子に接続した機器の再生音が出力されませんのでご注意ください。
(2)PROCESSOR/PC端子はRI連動する端子ではありません。INTEC205シリーズのCDR-205TX、K-505TXをお持ちの方はRI連動や付属のシステムリモコンで操作したいほうをTAPE/CDR端子に接続してください。PROCESSOR/PC端子へ接続した機器にはRIケーブルを接続しないようにしてください。誤作動の原因となります。
(3)PROCESSOR/PC端子にグラフィックイコライザーを接続していても、録音時に音質調整効果は録音されません。
※2MAIN IN端子にはプリアンプ等の音量調節機能を備えた機器のみ接続してください。CDプレーヤー等の音量調節機能を持たない機器を接続してMAIN IN機能に切換えると、パワーアンプが最大音量で動作し、アンプやスピーカーが破損する危険性があります。接続する機器には十分ご注意ください。


INTEC205シリーズの新旧機種間、主要な連動機能についてはこちらをご覧下さい。(INTEC205シリーズ連動互換表)


 スペック

<アンプ部>
定格出力40W+40W(8Ω、1kHz、全高調波歪率0.5%以下)
60W+60W(4Ω、1kHz、全高調波歪率0.5%以下)
実用最大出力80W+80W(6ΩJEITA)
ダイナミックパワー90W+90W(4Ω)
55W+55W(8Ω)
全高調波歪率0.08%(1kHz1W出力時)
ダンピングファクター35(8Ω)
入力感度/インピーダンス200mV/50kΩ(LINE入力)
1V/50kΩ(MAIN IN)
出力電圧/インピーダンス200mV/2.2kΩ(REC OUT)
周波数特性10Hz〜60kHz(LINE入力、+1dB/-3dB)
トーンコントロール最大変化量+8dB、-8dB、100Hz(BASS)
+8dB、-8dB、10kHz(TREBLE)
+10dB、80Hz(Super Bass)
SN比100dB(CD、IHF-A)
スピーカー適応インピーダンス
4Ω〜16Ω
<総合>
電源・電圧AC100V・50/60Hz
消費電力95W
待機時電力0.1W
最大外形寸法205W×91H×299Dmm
質量4.0kg
<接続端子>
入力端子6(CD、TUNER、TAPE/CDR、MD、LINE、MAIN IN)
出力端子4(TAPE/CDR、MD、SW PREOUT、SPEAKER)
プロセッサー入出力端子1
ヘッドホン端子1



画像をクリックすると拡大します

※外観・定格・仕様は性能改善のため予告なく変更する場合があります。
※撮影・印刷の条件により、掲載製品の色調が実物と異なることがあります。
※IMAGINATIVE SIGHT&SOUNDは、オンキヨー株式会社の登録商標です。



]
この製品のメーカー保証期間および性能部品最低保有期間につきましてはこちらをご参照ください。

 このサイトについて 個人情報保護方針 お問い合わせ
ユーザー登録copyright 2008 ONKYO CORPORATION Japan All rights reserved