ONKYO  サイトマップ
ONKYO製品情報



あらゆるサラウンド音声フォーマットに対応するマルチデコーダーを搭載。
快適操作も実現したTHX Select認定6chアンプ搭載デジタルAVセンター

ご注意: この製品は現在出荷を完了しています。
表記内容全般は発売時点のものです。
写真色調
/
製品の色調については実物と異なる場合があります
用  語
/
定格、仕様は、製品発売当時の測定基準で表記しています
文章表現
/
「最新」「最軽量」「最速」などの表記は、製品発売時点のものです
希望小売価格
/
発売後オープン価格になったものも、本ページでは製品発売時点の表記をしています

品   番
TX-DS797(N)
希望小売価格
\131,250(税抜\125,000)
発 売 日
2001/10/10
シリーズ
−−
カテゴリー
ホームシアター, AVアンプ, デジタルシアターシステム

 特  長
【主な特長】
●THX Select認定6chアンプ&THXサラウンドEXデコーダー搭載
TX-DS797はホームシアターの世界基準THX Select認定の6chアンプを搭載したAVセンター。THXサラウンドEXデコーダーを搭載し、サラウンドバックチャンネル1本(モノラル)とサブウーファーを含めた6.1chの、より劇場に近い再生環境を可能にしました。さらに、音声出力には7.1chプリ出力端子を装備していますので、外部パワーアンプとの接続によりサラウンドバックを2chで再生することも可能です。

●ドルビープロロジックII、DTS-ES、MPEG-2 AACデコーダー搭載
ドルビーデジタルに加え、様々なソースの5.1 チャンネル再生を実現するドルビープロロジックII、従来のDTS 5.1 チャンネルにサラウンドバックチャンネルが追加された6.1チャンネルのDTS-ES 、さらに、BSデジタルTV放送で採用されている音声フォーマットのMPEG-2 AAC デコーダーを搭載。DVDやLD はもちろん、BSデジタルTV 放送で配信されるマルチチャンネル音声番組でもデジタルサラウンドの臨場感を楽しんでいただけます。

●使い勝手の高いフロントパネルデザインとオンスクリーンディスプレイで快適操作を実現
よく使うインプットセレクターはAV系とオーディオ系にまとめてレイアウトしました。ゲーム機などの接続に便利なデジタル音声入力端子(光1)もフロントパネルに装備しています。また、各種設定は操作のわかりやすいカーソルボタンを使って、ディスプレイを観ながらのオンスクリーン表示で行えます。メニューは必要最小限のBasicメニューとカスタム設定ができるAdvancedメニューを用意して、使い勝手に配慮しました。

●リアルな音場を再生する、厳選パーツ採用・新アンプ設計
オーディオ志向の高い24bitクリスタルDSPプロセッサーを2基搭載し、高精度にアナログ変換する24bit/192kHz D/Aコンバーターを採用。さらに、ノイズの混入を防いで信号の純度を守るオーディオ/ビデオ分離基板や、フロント&センター用とサラウンド&サラウンドバック用に分離させたアルミ押し出し大型ヒートシンクなど、厳選の高品質パーツを採用した新アンプ設計により、ノイズの少ないリアルな音場再生を実現しました。

●システムの拡張性に優れた豊富な端子群
コンポーネント映像端子(入力2/出力1)に加えて、デジタル放送対応TVやDVDプレーヤー等との簡単接続を可能にするD4端子(入力2/出力1)を装備しました。また、デジタル音声入出力端子(入力:同軸3/光4、出力:光1)、外部パワーアンプの増設や外部デコーダーの接続などができる7.1ch入出力端子など、将来の発展性まで考えた豊富な端子を装備しています。さらに、コンポジット端子から入力した映像信号をS端子から出力したり、その逆も可能になっています。

●その他のテクノロジー&機能
・ DVD AudioやSACDに対応するワイドレンジアンプテクノロジーWRAT。
・ 最適減衰量コントロールでS/Nを向上させるリニア・オプティマム・ゲイン・ボリュウム回路。
・ ダウンミックス時におこるダイナミックレンジやS/Nの劣化を防ぐノン・スケーリング・コンフィグレーション。
・ 4Ωのスピーカーも使用できるスピーカーインピーダンス設定機能。
・ アナログソースにも対応したデジタルアップサンプリング。
・ ラインダブラー使用時などで起こる映像と音声の微小なズレを補正するA/Vシンク。
・ オンキヨー独自のサラウンドモードは、Theater-Dimensional、Mono Movie、Enhanced7、Orchestra、Unplugged、Studio-Mix、TV Logic、All Ch Stereoを用意。
・ 電源ON時のレベルを設定できるパワーオンボリュウム機能。
・ ボリュウムレベルの上限を設定できるマキシマムボリュウム機能。
・ 入力ソースの種類ごとにリスニングモードを自動記憶するリスニングモードメモリー機能。
・ メディア毎に異なる音量レベルを一定になるよう自動調節するインテリ・ボリュウム機能。
・ 信号フォーマットに応じたLFEレベルの設定機能。
・ ボリュウムレベルは2種類の表示方法が選択可能。
・ 各入力ソースのネーミング(英字など選択)表示機能。
・ 40局プリセットFM/AMチューナー内蔵。
・ 主要メーカーのAV機器の操作コードがあらかじめセットしてあるラーニング&マクロ機能搭載リモコンは、バックライトによるボタンの自照も可能。

 スペック

<アンプ部>
定格出力
(6Ω・1kHz・0.1%THD)
フロント:130W+130W
センター:130W
サラウンド:130W+130W
サラウンドバック:130W

(8Ω・20Hz〜20kHz・0.08%THD)
フロント:100W+100W
センター:100W
サラウンド:100W+100W
サラウンドバック:100W
ダイナミックパワー210W×2 (4Ω)
全高調波歪率0.08% (定格出力時)
混変調歪率0.08% (定格出力時)
入力感度/インピーダンス200mV/50kΩ (LINE入力)
2.5mV/50kΩ (PHONO MM)
サブウーファープリ出力1V/470Ω
周波数特性10Hz〜100kHz +1dB/-3dB (LINE入力、ダイレクト時)
SN比110dB (CD/TAPE IHF-A)
80dB (PHONO IHF-A)
トーンコントロール最大変化量
BASS:±10dB、50Hz
TREBLE:±10dB、20kHz
ダンピングファクター60 (フロント・8Ω)
出力レベル/インピーダンス200mV/470Ω(REC OUT TAPE/VIDEO)
RIAA偏差
±0.8dB (20Hz〜20kHz)

<映像部>
コンポーネント/D4端子入力感度、出力レベル/インピーダンス1Vp-p/75Ω(Y信号)、0.7Vp-p/75Ω(CB/CR信号)
S映像端子入力感度、出力レベル/インピーダンス1Vp-p/75Ω(Y信号)、0.28Vp-p/75Ω(C信号)
コンポジット端子入力感度、出力レベル/インピーダンス
1Vp-p/75Ω

<チューナー部>
実用感度1.0μV (11.2dBf MONO)
2.0μV (17.2dBf STEREO)
SN比76dB (FM MONO)
70dB (FM STEREO)
全高調波歪率
0.2% (FM MONO)
0.3% (FM STEREO)

<総合>
消費電力260W (電気用品安全法技術基準)
外形寸法435W×175H×459Dmm
質量17.3kg
映像入力端子D4端子2
コンポーネント端子2
S端子6 (DVD、VIDEO 1〜5)
コンポジット端子6 (DVD、VIDEO 1〜5)
映像出力端子D4端子1
コンポーネント端子1
S端子3 (VIDEO 1/2、MONITOR OUT)
コンポジット端子4 (VIDEO 1/2、MONITOR OUT、ZONE 2)
音声入力端子
デジタル端子7 (同軸3、光4)
アナログ端子8 (DVD、VIDEO 1〜5、PHONO、CD)
7.1chアナログ端子1
音声出力端子
デジタル端子1 (光)
アナログ端子3 (VIDEO 1/2、ZONE 2)
プリ出力端子8 (フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サラウンドバックL/R、サブウーファー)
スピーカー出力端子6 (フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サラウンドバック)
※ターミナルピッチは19mm
ヘッドホン端子1



画像をクリックすると拡大します

◎バックライトリモコン付属

※THXはルーカスフィルム社の商標です。
※ドルビー、Dolby、プロロジック、Pro Logic、Surround EX及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です。
※DTS、DTS-ES Extended SurroundはDigital Theater Systems,Inc.の商標です。
※MPEGはMoving Picture Experts Groupの略。
※AACはAdvanced Audio Codingの略。



この製品のメーカー保証期間および性能部品最低保有期間につきましてはこちらをご参照ください。

 このサイトについて 個人情報保護方針 お問い合わせ
ユーザー登録copyright 2008 ONKYO CORPORATION Japan All rights reserved