ONKYO  サイトマップ
ONKYO製品情報


センターコントロールユニット独立でレイアウトフリーが嬉しい、
総合出力200Wのハイクォリティ5.1chホームシアターシステム。

ご注意: この製品は現在出荷を完了しています。
表記内容全般は発売時点のものです。
写真色調
/
製品の色調については実物と異なる場合があります
用  語
/
定格、仕様は、製品発売当時の測定基準で表記しています
文章表現
/
「最新」「最軽量」「最速」などの表記は、製品発売時点のものです
希望小売価格
/
発売後オープン価格になったものも、本ページでは製品発売時点の表記をしています

品   番
DHT-L1A(S)
希望小売価格
\73,500(税抜\70,000)
発 売 日
2002/11/20
シリーズ
DHTシリーズ
カテゴリー
デジタルシアターシステム

 特  長
5.1chサラウンドフォーマットにフル対応
  
5.1chサラウンドを楽しむために必要なデコーダー機能。DHTシリーズには、DVDのサラウンド音声フォーマットであるドルビーデジタルやDTS、話題のBSデジタル放送や、今後デジタル化される地上波TVの5.1chサラウンド音声フォーマットMPEG-2 AACに対応したデコーダーを搭載しています。さらに、CDやビデオのステレオ音声を5.1ch再生可能なドルビープロロジックIIデコーダーや、オンキヨーオリジナルのサラウンドモードまで搭載し、あらゆるソース、メディアを臨場感あふれる5.1chサラウンドでお楽しみいただけます。
独自のアナログ波形生成技術VLSC回路搭載
高精度なデジタル信号をアナログ信号に変換しスピーカーへ伝える際、その基幹となるD/Aコンバージョンシステム。DHTシリーズには、24bit/96kHzの高精度変換を実現するDACチップの採用に加え、オンキヨーの最高級アンプに搭載の新D/Aコンバージョンシステム"VLSC(Vector Linear Shaping Circuitry)"をフロントL/Rの2chに搭載しています。このシステムは、独自のアナログ波形生成回路により、従来の回路では実現できなかったデジタルノイズを含まないアナログ波形を生成。音楽CDやDVDビデオなどデジタルソースを楽しむ際にその効果は高く、映画や音楽の細かなディテールのひとつひとつも余すことなく鮮明に再現します。


サテライトスピーカーには、完全オリジナル開発のOMFダイヤフラム採用
スピーカーの心臓部ともいえる振動板には、高級スピーカーシステムでも採用している天然繊維を基材にした自社開発OMF(Onkyo Micro Fiber)ダイヤフラムをサテライトスピーカー全チャンネルに採用しています。密度が高く、剛性にも優れている上、100%ピュアな天然素材だけが持っている擦れ合うときの自然な肌合いが振動板自体から発生する固有の雑音成分の発生を抑制。振動板を支えるエッジ部分にも、振動の反射を抑えるSラインエッジを採用し、微小レベルの音声情報を余すことなく再現します。さらに、厳選した高密度MDF素材をスピーカー全面に施し不要な共振を抑え込んだキャビネットや本格的なスピーカーターミナルをはじめ、全てが高いクォリティで設計されています。


スピード感あふれる超低域再生を実現するJ'DRIVE方式サブウーファー
ダイナミックな5.1ch再生にとって重要な役割を担うサブウーファー。DHTシリーズには、レスポンスが早く、原音に忠実な超低域再生を目指し最高級スピーカーシステムで開発した新再生方式"J'DRIVE"を採用しています。高剛性MDFキャビネットの下部にユニットを下向きに取り付け、発せられた重低音が、キャビネット底面に設けた細いエアダクトを通り、一気に放出されることで、レスポンスが早く、周波数特性や音圧レベルまでも極めて原音に忠実な超低域再生を実現します。メインスピーカーから発せられる音との時間差が最小レベルまで抑えられるため、エネルギー感とナチュラル感を併せ持つ音場空間を作り上げます。


手軽さを追求した接続端子と操作性
DHTシリーズなら、接続も操作も簡単です。お手持ちのAV機器の音声出力端子からDHTシリーズの音声入力端子へ1本のケーブルを接続するだけで、すぐさま5.1ch環境が出来上がります。センターコントロールユニット独立型のDHT-L1Aでさえも、本体とサブウーファー部の接続端子がチャンネルごとにカラーリングされているので、付属の6chオーディオRCAピンケーブルを使って簡単に接続いただけます。さらに、初期設定からボリュームの調整、インプットセレクターの切り替えまで付属のリモコンで操作可能。わずらわしさを感じることなく、手軽に快適なシアター空間を実現いただけます。


さまざまなレイアウトが可能なオプション・アクセサリー
DHTシリーズのサテライトスピーカーの背面には、シングルのネジ穴を装備。付属の壁掛け用金具を装着いただき、誰でも簡単に設置していただけます。また、底面には60mmピッチのネジ穴を装備しているので、オプションのスピーカースタンドやTVサイドブラケット、天吊り&壁掛けブラケットと組合わせれば、さらに、お部屋の状況に合わせて、多彩なセッティングが可能になります。



スピーカースタンド(高さ90cm)
AS-105(B)
オープン価格(2台1組)
スピーカースタンド(高さ75cm)
AS-75H(B)
希望小売価格\8,925
(2台1組・税抜\8,500)

   

TVサイドブラケット
TK-1TV
希望小売価格\5,250(2台1組・税抜\5,000)

 スペック

デジタルホームシアターシステム

<AVサラウンドセンター部:ED-L1A>
入力感度/インピーダンス200mV/50kΩ (LINE入力)
出力レベル/インピーダンス1V/800Ω (STEREO、VOLUME MAX時)
周波数特性150Hz〜20kHz(+1dB/-3dB L/R/C/SL/SR、STEREO時)
消費電力12W (電気用品安全法技術基準)
寸法205W×70H×235Dmm
質量2.4kg
音声入力デジタル端子3 (DIGITAL1/2/3:光)
アナログ端子2 (LINE1/2)
音声出力
アナログ端子6 (フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サブウーファー)
ヘッドホン端子1


                  

<サテライトスピーカー部:D-L1>
形式フルレンジ・密閉型
防磁設計(JEITA)
定格インピーダンス
最大入力30W
定格感度レベル83dB/W/m
定格周波数範囲125Hz〜25kHz
キャビネット内容積0.6 リットル
寸法85W×120H×112Dmm (サランネット、ターミナル突起部含む)
質量0.7kg (1台)
ユニット
8cm OMFダイヤフラム×1

<6chアンプ内蔵サブウーファー部:SWA-L1>
形式6chアンプ内蔵J'DRIVE型
防磁設計(JEITA)
入力感度/インピーダンス500mV/50kΩ(L/R/C/SL/SR/SW)
実用最大出力30W×5ch (フロントL/R&センター&サラウンドL/R、1kHz・6Ω/JEITA)
50W (サブウーファー、100Hz・12Ω/JEITA)
サブウーファー再生周波数範囲30〜150Hz
キャビネット内容積13.6 リットル
全高調波歪率0.1% (5W出力時)
SN比100dB (STEREO IHF-A)
消費電力107W (電気用品安全法技術基準)
寸法251W×316H×408Dmm
質量14.1kg
ウーファー20cmコーン×1
ターミナルワンタッチ式
音声入力アナログ端子6
(フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サブウーファー)
付属品
リモコン
光ケーブル(1m)
6chオーディオRCAピンケーブル(3m)
ハイグレードスピーカーケーブル(2.5m×3、8m×2)
ED-L1A用スペーサー×4
D-L1用コルク・インシュレーター×20
D-L1用スピーカー取り付け金具×5
SWA-L1用コルク・インシュレーター×4




■ カタログダウンロードはこちら
「DHT-series カタログ」


この製品のメーカー保証期間および性能部品最低保有期間につきましてはこちらをご参照ください。

 このサイトについて 個人情報保護方針 お問い合わせ
ユーザー登録copyright 2008 ONKYO CORPORATION Japan All rights reserved